京阪電車の運賃表が増税に備えて仮タイプのものになってる

4月1日から消費税の税率が上がりますね。増税に先駆け、京阪電車の駅にある運賃表が紙製のものに変わっていました。

P10904843月31日の終電から4月1日の始発までに紙をはがして新しい運賃表に切り替わります。予め新しい看板に変えておく手法は、合併で北おおさか信用金庫が発足した時と同じやり方です。

寝屋川市内の京阪線3駅にある運賃表を調べたら、全くと言っていいほど同じ状況でした。(萱島駅東改札口)
P1090528

(※香里園駅の写真は写りが悪いので割愛します。)

3月の中頃には変化がなかった(下の写真、寝屋川市駅南改札口)ので、ごく最近対応されたようです。
消費増税前 寝屋川市駅の運賃表

寝屋川市駅では増税前の駆け込み需要も手伝って、定期券売り場に行列が出来ていましたよ。
P1090488

寝屋川市民の多くが利用する京阪電車の普通運賃は、初乗り運賃150円が据え置かれるのを除き、全て10円の値上げになっています。

京阪 値上げ申請

関東圏で実施されるICカード利用者への1円単位の転嫁は、ICカードの普及率の低さなどから見送られます。

未確認情報ですが、東寝屋川駅でも運賃表が既に貼り替えられていると思います。環状線の某駅では、上から貼っているのが分からないぐらい綺麗に施されていました。

4月1日の増税までもうすぐですね・・・。

【関連記事】
鉄道会社が消費増税に伴う運賃改定を申請。京阪は初乗り運賃以外全て+10円(2013年12月)