京阪の駅にある喫煙コーナーが一部廃止へ

寝屋川市内にある京阪電車3駅の喫煙コーナーが、3月16日(月曜日)に一部廃止されます。

P1350775
京阪の駅では現在、ホームの一部区域で煙草が吸える分煙の状態になっていますが、喫煙コーナーの廃止を予告する張り紙が各駅に登場しました。

それぞれの駅で、どのように禁煙が進められるのかを見ていきたいと思います。

トップバッターは、萱島駅から。萱島駅は現在、ホームの京都寄りに喫煙コーナーが設置されています。そのうち、大阪方面行きホームの灰皿に、
P1350773

以下のようなお知らせが貼られていました。
P1350776

京都方面行きホームの灰皿にこのような張り紙はなく、3月16日以降も引き続き利用できます。
P1350760

萱島駅は朝ラッシュ時に普通電車への乗り換えで混雑する駅です。「利用者の多い方の喫煙コーナーのみを廃止するのではないか?」という予想を立てながら、寝屋川市駅に移動します。

寝屋川市駅では、京都方面行きホームの灰皿に萱島駅で見たのと同じようなお知らせが貼られていました。
P1350780

それに対して、大阪方面行きホームの灰皿にそのようなお知らせはなく、3月16日以降も引き続き利用できます。
P1350799

どうやら撤去基準に利用者の多さは無関係だったようです。

最後に3駅目となる香里園駅の様子を見ていきます。

香里園駅では、大阪方面行きホームの喫煙コーナーが撤去されます。
P1350821

お知らせにある通り、

P1350815

京都方面行きの灰皿は引き続き残ります。(つまり、寝屋川市駅とは逆で萱島駅と同じ。
P1350811

一見すると中途半端な対応に見えなくもないですが、駅員さんが「京都方面行きの灰皿は当面残ります」というような言い方をしておられたので、もしかすると実験的に撤去してみようということなのかもしれません。

全国的に見れば全面禁煙の鉄道事業者が増えていて、JR西日本でも2009年から京阪神地区にある駅の灰皿が全て撤去されています。

京阪でも分煙から完全禁煙へと舵を切るのか、今後の動向が注目されます。 

【関連記事】
京阪の駅にナンバリングが登場(2014年10月)
レアな光景!?朝ラッシュ時に昼バージョンの電車に遭遇! (2014年12月)