倒木の伐採作業が進む八幡神社。台風20号・21号の被害は大きかったみたい

打上川治水緑地の北側にある八幡神社(はちまんじんじゃ)で、倒れた木の伐採作業が行われています。

P2590603

8月23日(木)~24日(金)に兵庫県などを通過した台風20号で倒木が発生していましたが、9月4日(火)の台風21号で更に被害が拡大したようです。

境内に入ると、トラックや作業員の姿が。
P2590584

P2590588

山の斜面には木の枝が散乱し、
P2590587

参道には切られた丸太が置かれていました。
P2590591

本殿付近は更に被害が大きかったです。
P2590602

木が縦に裂け、
P2590609

本殿に木が倒れかかっているようでした。
P2590628

言葉が適切か分かりませんが、まるで林業の山のようにチェーンソーの音が響き渡っていました。
P2590617

元の状態まで復旧するのにもうしばらく時間がかかりそうです。

【地図】

【関連記事】
焼失していた八幡神社の再建が完了(2015年1月)
八幡神社が倒木のため立ち入り禁止に(2018年8月)