これが京阪3000系の新デザインだ!正面の液晶ディスプレイに特急の鳩マークや洛楽の文字を表示

京阪電車で特急や準急など幅広い種別で運行されている3000系車両の正面デザインが、9月中旬から新しいものに変更されています。

3000系鳩マーク

主な変更点は液晶ディスプレイと装飾灯の増設で、これには列車種別の違いを分かりやすくする狙いがあるようです。

最も多くみられる特急の運用時は、こんな感じ。液晶ディスプレイに8000系でもお馴染みの伝統的な鳩マークが表示されます。
3000系鳩マーク - アップ

快速特急「洛楽」運転時には「洛楽」の文字に変わるだけでなく、両側の装飾灯も点灯する仕様になっています。


液晶ディスプレイはアニメーション付きで、デザインが少しずつ動いているという目撃情報もありました。


表示の切り替え時には鳩が飛び交うなど、更に凝ったアニメーションが見られるようです。


この液晶ディスプレイは速度が上がっても点灯し続けるみたいなので、寝屋川市内の駅でも見ることが出来そうです。(特急と快速特急以外の種別では何も点灯せずに走る可能性が高いです。)

特急と快速特急「洛楽」(京橋~七条ノンストップ)は乗り間違えると大変なことになりますし、なかなか親切な計らいですね。

【関連記事】
香里園駅行き電車に設定される「児童・女学生優先車両」(2014年9月)
朝ラッシュ時に3扉運用される5000系に遭遇(2014年12月)