仁和寺バス停でカラー舗装にする工事が完了。歩行者の通行帯が明確になって安全に

府道13号京都守口線の仁和寺交差点横にある仁和寺バス停が、歩車を分離するカラー舗装になっていました。

DSC_0165

仁和寺バス停は終点のバス路線がある関係上、バス乗り場の周りにバスが転回・待機するためのスペースがあることでお馴染みですが、歩行者が安全に通れるような改良が施されたようです。

その様子を詳しく見ていきましょう。

まずはバス乗り場です。縁石がオレンジ色になっています。
DSC_0152

横断歩道も目立つようにバッチリ。
DSC_0130

続いてバスの進入口です。人が立ち入らないように大きく「進入禁止」と書かれていました。
DSC_0128

脇には歩行者の通行帯が。
DSC_0125

府道15号八尾茨木線側も同様でした。
DSC_0159

DSC_0150

一連の対策は、2016年11月に歩行者がバスに巻き込まれれて死亡する事故が発生したことに伴うものだと思われます。

これまではバスの通る場所や歩行者の通路が不明確だったので、分かりやすくなった点が評価できるのではないかと思います。
DSC_0167

このようにハード面が整備されたわけですが、あとは利用者1人1人が通行帯を守るように意識を高めていきたいものですね。

【地図】

【関連記事】
仁和寺バス停で交通死亡事故が発生(2016年11月)

※「ひろき」さん、情報提供ありがとうございました!