国道1号線の点野バス停付近にポールとゼブラゾーンができてる。路肩の安全対策として

国道1号線(寝屋川バイパス)の点野バス停付近にゴムポールとゼブラ状の白線が新設されました。

点野バス停前 2020年12月-2

以前まではバス停のくぼみがそのまま国道太間交差点に向かう側道に続いているような感じでしたが、

改良後はゼブラ状の白線で一旦路肩が狭まるような形状に変更されています。
点野バス停前 2020年12月-1
※枚方方面を向いて撮影

交差する路地から出てくる際に駐車車両が邪魔になって安全確認がしづらかったことから、地元が改良を要望したのだとか。
点野バス停前 2020年12月-3

改良後は交差点付近に駐停車ができない構造になっています。

気づいた人は少ないと思いますが、小さな街の変化をお伝えした記事でした。

【地図】

【関連記事】
点野公民館が100m東に移転へ(2018年1月)