ピース又吉の文芸誌デビューが話題に。掲載された文学界は初の増刷も

読書家で知られる寝屋川出身のお笑い芸人・又吉直樹さん(ピースのボケ担当)が、自身初の純文学作品「火花」を執筆して文芸誌に掲載されたとして、話題になっています。

又吉直樹 facebook
※公式facebookから引用

又吉さんが作品を投稿したのは、7日に発売された月刊誌「文学界」2月号です。若手お笑い芸人の主人公が先輩芸人との青春を書いた中編小説で、タレント作家が文芸誌に掲載されるのは異例とのこと。

文学界といえば、芥川賞候補を数多く輩出してきた老舗の純文学系文芸誌。又吉さんの作品は話題性で選ばれたのかと思いきや、そうでもないらしいです。

日刊ゲンダイの記事(1月8日付)によると、文学界の編集長は以下のようにコメントしています。

小社の女性担当編集者が、4年ほど前に別の雑誌でエッセーを書いていただいた時から又吉さんの才能に注目し、今回の小説執筆につながりました。又吉さんは物事に関する観察眼が鋭く、非常に個性的な文章をお書きになる。知名度のあるタレントだからということではなく、大型新人作家として大きく取り扱いました。

※日刊ゲンダイの記事から引用

文芸誌の編集長にその才能を認められているのがすごいですね。

なお、7日に発売された文学界は又吉さんの作品が話題になり、1933年の創刊以来初となる増刷が決定したそうです。

寝屋川出身のお笑い芸人としてだけでなく、文芸作家としても今後の活躍が期待されます。

【関連記事】
寝屋川五中にピース又吉直樹が来校!寝屋川市駅周辺にも来られたみたい(2013年9月)


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
香里園駅周辺エリア
寝屋川市駅周辺エリア
萱島駅周辺エリア
寝屋川公園駅周辺エリア


YouTube公式チャンネル

最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード