8/8は立秋!翌日から「残暑お見舞い申し上げます」に

最高気温が35℃以上を記録する猛暑日が続いていますね。今年の夏は本当に暑いです。皆様いかがお過ごしでしょうか。

そんな中、少し涼しさを感じる話題を見つけました!8月8日は立秋の日、つまり、暦の上では秋を迎えました!

P1440883
※写真はイメージです。(2015年8月撮影)

秋と言えば紅葉。田んぼの稲は黄色く染まり、稲刈りの時期を迎えます。立秋は夏至と秋分の日の中間で、秋の気配を感じるようになる日とされています。この日を境に手紙の表現も「暑中お願い申し上げます」から「残暑お見舞い申し上げます」へと変わるのが特徴です。

しかし、実際の天気は暦とはズレがあるのが残念なところ。8月6日(木曜日)ごろから時間帯によって雲が出始め、暑さが少しマシになってきていますが、立秋以降も厳しい残暑が続きそうです。

実際に涼しさを感じられるようになるまでは、まだまだ時間がかかりそうですね。

熱中症を予防するためにも、こまめに水分補給するとともに、十分な食事や睡眠を取るようにしましょう!

【関連記事】
暦の上では既に秋!8/7は立秋だった!(2014年8月) 

カテゴリ : 時事