寝屋川市駅構内に「大阪PCR検査センター」の行列。第7波の感染拡大で

京阪寝屋川市駅の構内に設置されている「大阪PCR検査センター」に行列ができていました。

撮影したのは、7月27日(水)11時30分ごろ。

新型コロナウイルスの「第7波」で感染者が急増している影響でしょうか。

行列は中2階の検査センターから階段の下(ねやがわシティ・ステーション横)まで伸び、

折り返して階段の上まで続いている様子でした。

第6波の時(2022年1月)も行列ができていましたが、その時に撮影したのは18時頃でした。

窓口の場所も2階の定期券売り場前から中2階に変更されています。

「大阪PCR検査センター」は、若手医師の有志で作られた民間企業が運営する、新型コロナウイルスのPCR検査が行えるところ。大阪・京都・奈良の11ヶ所(難波、梅田、新大阪、枚方、京阪三条など)に窓口があります。寝屋川市駅の窓口は2021年11月にオープンしました

予約不要、早くて当日に検査結果が分かるのに加え、寝屋川市民または寝屋川市に通勤している人に市の助成がある(検査無料)のも行列ができた要因と思われます。

営業時間は8〜19時(土日祝:9時〜16時半)ですが、現地のスタッフによると、最近は昼過ぎに受け付けの上限に達して締め切る状態が続いているとのこと。

【地図】

【関連記事】

※2022年1月配信

※「ポポンタ」さん、情報提供ありがとうございました!(情報提供はこちら