小路遺跡の現地説明会、古墳時代初めごろの集落遺跡が見つかる

小路南町(寝屋川市南東部)で小路遺跡の現地説明会が9月26日、開催されました。

P1470879

小路遺跡とは、第二京阪道路の沿線で計画中の区画整理事業に伴い行われている発掘調査で見つかった遺跡です。
P1470927

水田の50cm下に、この様な古墳時代の集落遺跡が広がっているのが確認され、
P1470748

弥生時代終わりごろ~古墳時代初めごろの土器も出土しました。
P1470763

P1470766

P1470772

P1470769

調査の成果を実際に下りて見ていきましょう!
P1470779


P1470796

柱穴や溝、自然河川などの遺構が見つかっています。
P1470826

P1470891

そこらへんに土器の破片が散らばっているのがすごいです。(ちなみにこれ、持って帰ってはいけません。)

P1470806

P1470834

このままの状態で大量に出土したらしいのですが、吉備地方(岡山県南部)や東海地方で多く見つかっている土器のかけらも見つかり、これらの地域と交流があったことを伺わせるそうです。
P1470849

参加者の皆さんは遺跡の中で熱心に質問してなかなか帰らない様子でした。(歴史が好きな人ばかりで、ビックリ。)

発掘調査は残りの未調査区で進められ、今年の年末まで行われる予定です。

【地図】


【関連記事】
明和の上垣内遺跡が公開!これが府内最大級の竪穴住居跡だ!(2015年7月) 



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
香里園駅周辺エリア
寝屋川市駅周辺エリア
萱島駅周辺エリア
東寝屋川駅周辺エリア



最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード