木枯らし1号を観測!2015年秋も冬型の気圧配置が到来

大阪管区気象台は近畿地方で冬の到来を感じさせる「木枯らし1号」が吹いたと10月25日、発表しました。

模擬店の数々
※資料写真(2015年10月18日撮影)


「木枯らし」は、寒冷前線の発達で冬型の気圧配置(西高東低)となり、北方向からの冷たい風が強まる現象のこと。一定の条件(気圧配置や風速など)を満たすと「木枯らし1号」として認定され、秋の話題になります。


25日は寝屋川市を含む近畿地方各地で秒速10m以上の瞬間風速(北寄りの風)を記録。昨年より2日早い「木枯らし1号」の観測となりました。


LINK:大阪管区気象台公式ホームページ

大阪管区気象台


記事を書いている今も実感しているのですが、今日は寒いですね。晴れ間が広がった日中も肌寒かったです。

明日以降は寒冷前線が一旦弱まる見込みですが、昼夜の寒暖差が激しくなっています。

★26日の天気予報
・天候:晴れ
・最低気温:8℃
・最高気温:20℃


風邪を引かないようにご注意ください。

【関連記事】
近畿地方がついに梅雨明け!時期は平年並みで、降水量は約半分(2014年7月)

カテゴリ : 時事 

この記事へのコメント

1. ・・・   2015年10月26日 10:48
このページですいません
今日のちちんぷいぷい、学校へいこうは、ついにねや高のようですよ(^-^)
取り急ぎのコメントで失礼いたします