本屋大賞の大賞作品を発表!又吉直樹さんの火花は10位で、芥川賞との2冠はならず

全国の書店員が選ぶ2016年の「本屋大賞」が4月12日に発表され、又吉直樹さん(寝屋川市出身)の「火花」(第153回芥川賞作品)が10位にランクインしたことが分かりました!

P1470047
※資料写真(受賞作の「火花」)

本屋大賞(wikipedia)とは、過去1年間(12月1日から11月31日)に発売された日本の小説の中で「読者と本の両方に詳しい書店員が一番売りたいと思う本」を決める文学賞のこと。

LINK:
本屋大賞公式ホームページ
本屋大賞

新しいコンセプトの文学賞として始まった2004年以来、大幅に売り上げを伸ばす受賞作品が多い(中には映像化されるケースもある)ことから、毎年話題になります。

2016年の本屋大賞は、全国552人の書店員が
1次投票(2015年11月1日~2016年1月3日)を行い、1月20日に候補作(上位10作品)が発表されていました。

1次投票に参加した書店員による2次投票は2月29日に締め切られ、ノミネートされた候補作をランクイン。

その結果(4月12日発表)は、以下の通りです。

①羊と鋼の森(宮下奈都、文藝春秋、直木賞候補作)

②君の膵臓を食べたい(住野よる、双葉社)

③世界の果てのこどもたち(中脇初枝、講談社)

④永い言い訳(西川美和、文藝春秋)

⑤朝が来る(辻村深月、文藝春秋)

⑥王とサーカス(米澤穂信、東京創元社、ミステリー3冠作)

⑦戦場のコックたち(深野野分、東京創元社、直木賞候補作)

⑧流(東山彰良、講談社、直木賞受賞作)

⑨教団X(中村文則、集英社)

⑩火花(又吉直樹、文藝春秋、芥川賞受賞作)

大賞には宮下奈都さんの「羊と鋼の森」が輝き、又吉さんの「火花」は10位となりました。

本屋大賞は小説家や文学者が選考に加わらないため、「読者感覚に近い結果になる」と言われていますが、芥川賞とはまた違った結果になりましたね。

残念がら2冠達成は逃したものの、星の数だけある小説の中から評価されるのは、すごいことだと思います。また、又吉さんが次の作品を書き始めたという情報もあります。

今後も本業のお笑い活動に加えて、作家としての活動にも期待が集まりますね。

【関連記事】
又吉さん文芸誌デビュー / 芥川賞受賞の垂れ幕が登場
流行語大賞に又吉さんがノミネート / 又吉さんが ベストドレッサー賞を受賞
又吉さんの火花が本屋大賞にノミネート!4/12に大賞発表へ(2016年1月)

カテゴリ : 話題