寝屋川生野病院が2017年11月にカテーテル手術の誘導ワイヤを抜き忘れる医療ミスを起こしていたことが判明

2017年11月に寝屋川生野病院(日新町)がカテーテル手術の際に使用したガイドワイヤを抜き忘れる医療ミスを起こしていたことが分かりました。

IMG_6094
※資料写真(2013年撮影)

4月4日(木)にテレビや新聞などが一斉に報じています。(毎日新聞日本経済新聞産経新聞毎日放送など)

報じられている内容をまとめると、以下の通りです。

・この病院でカテーテル手術を受けたのは69歳男性(寝屋川市在住)
・カテーテルを挿入する際に1mの誘導ワイヤを使用
・ワイヤを静脈内から抜き取らないまま手術を終了
・転院先の病院(大阪市内)で抜き取り手術を行ったものの、容体が急変して死亡
・司法解剖の結果、ワイヤが心臓を傷つけていた。死因は周囲にたまった血液が心臓を圧迫したことによるものとみられる

カテーテル手術を行う際には、誘導ワイヤを先行させて操作する方法が一般的となっています。カテーテルの設置後はワイヤを抜き取る必要がありますが、そのまま静脈内に残したまま手術を終了したようです。

寝屋川生野病院は医療ミスを認めており、転院先の病院は「抜き取り手術は適切だった」という立場を示している模様です。

警察は両方の病院から聞き取り調査を行い、業務上過失致死の疑いで捜査しているとのこと。

【地図】


【関連記事】
寝屋川生野病院が開院(2013年7月)

※「ねやみや」さん、情報提供ありがとうございました!


この記事へのコメント

1. 萱島近く   2019年04月05日 10:43
また寝屋川のイメージが・・・
2. 自称愛犬家   2019年04月05日 15:27
生野病院の責任100パーセントではない報道ですが、ワイヤー除去手術までに心圧迫が致命的になっていたのでしょうか?
5. 名なし   2019年04月06日 00:12
>>2 恐らく、心臓部を貫通していたカテーテルを抜去した際、抜去部から出血し、その出血が心臓を圧迫し致死したのだと思います。本来ならば、カテーテル抜去されているはずなのに、転院先の病院も被害者ですね。
7. 咲希   2019年04月06日 20:41
同時期に親が肺炎の診断で、入院してました。
対応が余りにも酷かったので、転院をさせましたが、正解でした。
10. 笹の葉   2019年04月09日 20:04
知人がこの病院に夜間救急搬されました。救急対応の医師がバイトの医師だったようで、その医師の対応は良かったそうです。しかし、常勤の医師が主治医になった時、診察の専門外の内科医だったそうで傲慢で最悪だったそうです。24時間救急対応しているならば、常勤の医師を置き、専門分野が診れないならば、転院させるべきだと思うのは素人だからでしょうか?色んな点で無責任で怖い病院だと感じます。Googleレビューの口コミを何度か拝見したところ、レビュー1.8だったのが、2に上がりネガティブな口コミがいくつか削除されていました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
香里園駅周辺エリア
寝屋川市駅周辺エリア
萱島駅周辺エリア
寝屋川公園駅周辺エリア


YouTube公式チャンネル

最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード