【寝屋川中1男女殺害事件】死刑囚の弁護人が「控訴取り下げは無効」と裁判所に申し入れ

2015年8月に寝屋川市の中学1年生2人が誘拐後に殺害された事件、自ら控訴取り下げを行い死刑が確定した死刑囚の弁護人が「控訴の取り下げは無効」と裁判所に申し入れたことが分かりました。 

P1420347
※資料写真(2015年6月撮影)

死刑確定後の動きとして、各メディアが報じています。

控訴取り下げは無効…寝屋川事件・死刑囚の弁護士(テレビ朝日、5月31日配信)


本人は「どうでもよくなった」(拘置所の処遇などに嫌気がさした)という理由で控訴を取り下げておあり、事前相談を受けなかった弁護人が裁判を続けるため、取り下げを申請したようです。

受理されるかは不明(過去の事案では却下されることが多い模様)ですが、今後は裁判所の対応が注目されます。

【関連記事】
高槻で見つかった遺体は寝屋川市内の女子中学生。同級生の男子生徒も行方不明(2015年8月18日)
死体遺棄容疑で40代の男を逮捕。男性とも遺体で発見か(2015年8月21日)
中1男女殺害事件の被告に死刑判決(2018年12月)

カテゴリ : 時事