成田山不動尊に新山門の建設計画。2021年3月着工予定。現在の門より大きくて色合いも変わるみたい

成田山不動尊(成田西町)に新しい山門を建設する計画があることが分かりました。

P1000917

開創90周年事業として行われるもので、境内に完成後のイメージが掲示されています。

イメージ図に書かれた情報をかみ砕くと、新しい山門(間口9.00m、奥行き5.04m、棟高12.26m)はヒノキをふんだんに使い、入母屋造(寄棟の上部が切妻の形状)の大きな屋根が特徴の建築物です。

〈構造形式〉
・門の形状:三間三戸楼門
・材質:総檜造
・屋根の形状:入母屋造
・屋根の妻側:前後軒唐破風付
・屋根の工法:屋根銅板一文字葺
・付属建築物:両袖築地塀付(門の両側に塀がある)


現在の山門(下の写真)と比べると規模が大きく、色合いも変わるようです。
P1000923

山門前には玉垣(石製のフェンス)や鏡石(名前の入った大きな石)も同時に整備されます。

工事の予定期間は2021年3月から2024年6月までの3年間です。事業費の一部は寄進によって賄われるとのこと。
P1000919

成田山不動尊といえば、初詣や節分祭の時期にたくさんの人が集まることで知られていますが、新しい山門が整備されれば、お寺の雰囲気も変わりそうですね。

【地図】成田山不動尊


【関連記事】成田山不動尊の記事
・節分祭(2013年2014年2015年2016年2017年2018年2019年2020年) 

・初詣(2014年2015年2016年2017年2018年

※「森にすむリス」さん、情報提供ありがとうございました!



編集

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
香里園駅周辺エリア
寝屋川市駅周辺エリア
萱島駅周辺エリア
寝屋川公園駅周辺エリア

姉妹サイト

YouTube公式チャンネル

最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード