台風18号が間もなく九州地方に上陸へ。~JR西では15時ごろから半分程度に減便した間引き運転を実施~

大型の台風18号が、屋久島の西100km付近の東シナ海を30km/hのゆっくりとしたスピードで東北東に進行しています。(午前6時現在)

台風18号 9月17日6時
※9月17日(日)午前6時現在の台風進路


各社が発表している台風情報(8月16日午前6時時点)によると、台風18号(中心気圧955hPa、中心付近の風速約40m/s)は午前中に鹿児島県付近へ上陸し、近畿地方には17日(日)夜に最も近づくと予想されています。

台風の接近に伴い、寝屋川市では17日夕方から18日(月)にかけて大雨と暴風に警戒が必要です。(ヤフー天気によると、17日18~24時ごろの予想降水量は8~14mm/h程度となっています。)


交通機関にも影響が出る見込みで、JR西日本では「15時ごろから片町線(学研都市線)を含む在来線の運行本数を通常の半分程度に削減して運転する」と発表しています。京阪電車についても台風の進路によっては運転の取り止めや遅れが発生する可能性があるとのこと。

現在の寝屋川市は雨も止んでいる状態です。用事がある場合は午前中に済ませた方が良さそうですね。

台風18号に関する詳しい情報は、気象庁日本気象協会の公式ホームページなどでも随時発表されているので、そちらもご覧ください。

LINK:気象庁公式ホームページ
気象庁

【関連項目】
寝屋川市防災気象状況
・京阪電鉄列車運行情報
・JR西日本近畿エリア運行情報

カテゴリ : 時事