「寝屋川ええもん自慢合戦」で5名の面白い人が寝屋川の魅力を語ってる!

今年の2月22日(土曜日)に京阪電鉄寝屋川車両基地内で開かれた「寝屋川ええもん自慢合戦」の様子が寝屋川市公式動画チャンネルにて公開されています。

「寝屋川ええもん自慢合戦」とは、寝屋川市内のいろいろな分野で活躍中の「面白い人」が、プレゼン形式で自身の「寝屋川のええもん」と感じるものを紹介するというイベントです。

プレゼンされた面白い5名の方は、以下の通りです。

①向井弘さん
小学校で天体観測会など多くのイベントを企画する「宇宙ソムリエ」。

②南保次さん
イベントの企画力が秀でた13代目の農家。田んぼに稲で「はちかづきちゃん」を描く「田んぼアート」は話題となり、昨年の9月には朝日新聞でも
報道されました

③加藤義尚さん
成田山不動尊で僧侶として地域との連携を生み出す「スーパー坊主」です。

(成田山不動尊)
P1040915

④中村誠二さん
「ねや川ご当地グルメを創出する会」の会長。寝屋川のご当地グルメ「ねやバーガー」が誕生した経緯などを熱弁。

⑤岡本修太郎さん
「ねや川バル」の実行委員会事務局長。当サイトでも開店を記事にした、Cafe588(アドバンスねやがわ2号館1階)のマスターです。

最後に6人目として、京阪電車の社員の方が寝屋川車庫内に保管されている「びわこ号」を自慢し、実際に車庫内で見物できるという企画も用意されていました。

昨年の「ファミリーレールフェア2013」で撮影した「びわこ号」)
びわこ号

イベントの参加者には、その日限定の中村さん(菓匠香月の社長)特製「ワガヤネヤガワ大福もち」がプレゼントされました。

寝屋川には、地元愛にあふれ、地域で活躍される人がたくさんいらっしゃいます。寝屋川新聞でも「市民登場」的なコンテンツを作り、寝屋川のユニークな人に出てもらうというのをやったら面白いと思うのですが、時間的な絡みから実現できずにいます。

寝屋川の「ええもん」や、地域で活躍されている人が分かる動画になっているので、ぜひ再生してみてください!