兼六食堂(日之出商店街)の焼飯定食。電通大生が集う中華料理屋

寝屋川グルメのお時間です!

今回取り上げるのは、日之出町(寝屋川市中央部)にある中華料理屋さんの「兼六食堂」です! 

P1410163場所はこちら

お店は入口が寝屋川駅前線に面した日之出商店街の中です。 
P1410160

商店街を抜けると、大阪電気通信大学の通用門があります。(写真左が兼六食堂。) 
P1410162

学生を目当てにしているのか、価格設定が非常に安いです。(初めて見た時はビックリしました。うどん170円は学食より安いかも!400円台が高く見えてきます。笑 出前やサークルのコンパにも対応しているようです。)
P1410157

前に立っているだけで、振っている鍋とお玉が当たる音が聞こえてきます。音に吸い寄せられるように中へ入ってみました。

中に入ってみると、細長い店内にテーブル席がありました。(1階の収容人員は十数人ぐらい?2階もあります。)

テーブルには灰皿が置かれ、喫煙できるようです。最初に出てきた水が、中に大きな氷の入ったペットボトルだったのが印象的です。お洒落さを追い求めたお店というよりも、大衆食堂の雰囲気であることを象徴しています。レジの向こう側には懐かしのダイヤル式電話が置かれていました。中華料理 大三元と雰囲気が被りますね。

たくさんあるメニューの中から定食系を選ぶことに。今回はラーメンがついた焼きめし飯A(税込480円)を注音してみました。(他にはきつねうどんがついてくる焼飯定食も選べます。)

それが、こちら。
P1410168

最初(注文して数分後)に出てきたのが焼き飯(単体だと300円)です。
P1410165

予想よりも少しだけ量が少ないように感じましたが、値段を考えると多いぐらいです。味は家庭的で好印象。

やや遅れて(それでもだいぶ速い!)ラーメン(単体で200円)が出てきました。
P1410170

出汁の透明度が高く、薄めの塩味が効いたあっさり系です。トッピングはメインのチャーシューにカマボコとネギ。

麺はこんな感じです。
P1410173

これで480円というのは良心的すぎます(笑)

総評すると学生向けという印象ですが、それでも十分に楽しめましたよ。

ご馳走様でした!

【関連項目】
食べログ