フレッシュバザール寝屋川公園駅前店に手作りの「おはぎ」が売られてた

スーパーのフレッシュバザール寝屋川公園駅前店(打上高塚町)に手作りの「おはぎ」が売られているという情報を読者の方からいただきました。

以下が情報提供で寄せられた投稿文です。

〈Green Fingerさんの投稿文〉
まだ新しい大阪病院の前にあるフレッシュバザールさん、店内で手作りしていると思われるおはぎ(あんこ&ずんだ)が逸品です。
添加物を使っていないため、日持ちはしませんが、冷凍しておけばいつでも解凍して美味しくいただけます。
国産材料にこだわっていて、甘さも控えめでスーパーマーケットレベルを超えています。 一度ぜひご賞味下さい。

スーパーといえば、仕入れた商品を大量に販売しているイメージがあるのですが、フレッシュバザール寝屋川公園駅前店では店内で手作りしている「おはぎ」を販売しているのだとか。どんなものなのか気になったので、実際に購入してみることにしました。

※開店時の記事より

同店は店内の大部分がフレッシュゾーン(青果・鮮魚・精肉などの売り場)、左側がデリシャスゾーン(惣菜などの売り場)になっています。

デリシャスゾーンだけでもけっこう広いので、色々探し回ってみることに。すると、左上の揚げ物コーナーに「おはぎ」が置かれていました。

※広報課の許可を得て撮影しています。

「おはぎ」は最初スイーツかパンの括りかと思ったので、少し意外な印象を受けました。カツや唐揚げと一緒に「おはぎ」が並んでいるのは、少しシュールかもしれません。

並んでいる「おはぎ」は紫色の「つぶあん」と緑色の「ずんだ」の2種類です。

今回は「つぶあん」と「ずんだ」が1つずつ入った「二色おはぎ」(税込み214円)を購入してみました。

2種類の「おはぎ」は国産のもち米とうるち米を使用し、当日店内の厨房で炊き上げているのだとか。食感はもちもちしています。「つぶあん」は小豆、「ずんだ」は枝豆の風味を感じることができ、ほどよい甘さに仕上がっている印象を受けました。

賞味期限が当日なのですぐに食べる必要がありますが、秋らしさを感じられるのではないでしょうか。

スーパーにも色々と特色があるみたいで興味深いですね。

【地図】フレッシュバザール寝屋川公園駅前店

【関連記事】

※「Green Finger」さん、情報提供ありがとうございました!(情報提供はこちら