寝屋川市駅前で「鬼滅の刃」や「るろうに剣心」の刺繍をしている謎のおじいちゃん。話しかけてみると…

とある日、なにかネタがないかと寝屋川市駅周辺をフラフラと歩いていた私ゆうぽん。

ゆうぽん

おや、あれは……。

なにやら一心不乱に作っている男性の姿が……。

ゆうぽん

あれはもしや「るろうに剣心」!?(→るろうに剣心とは

脇に置いてあった作品を見ると……。

ドラゴンボールの「孫悟空」
鬼滅の刃の「胡蝶しのぶ」、「煉獄杏寿郎」
などなど、人気のアニキャラクターをかたどった作品がずらり。コレは一体?

気になったので話しかけてみることにしました。

ゆうぽん

こんにちは! お上手ですね〜。これは刺繍ですか?

ただのおじいさん(自称)

伸縮性のある糸を針で刺してステッチしているんやけど、そんなに難しいことじゃないで。

調べてみると「パンチニードル」というらしいです。

ゆうぽん

これは趣味でされているんですか?

ただのおじいさん(自称)

そうそう、ただのボケ防止(笑)
でもね、年間300作品くらい作っているから中々大変なんや。シルバーセンターの仕事の合間にね。

ゆうぽん

えっ! 年間300作品!? どうしてそんなにたくさんいるんですか?

器用に糸を通すおじいちゃん
ただのおじいさん(自称)

趣味なんやけどね、寝屋川市内の一部の幼稚園とか、保育園の生徒たちにプレゼントしてるんよ。ボランティアでね。
卒園記念とか、誕生日とかにね。

聞くところによると、啓明幼稚園をはじめ市内4つの幼稚園のほか、エルミン保育園やその他市内4つの保育園、合計8つの子ども関係施設に寄贈しているんだそう。

主に、幼稚園児には誕生日祝いとして、保育園児には卒園記念として配られているみたい。

ゆうぽん

子どもにあげるものだからドラえもんとか、鬼滅の刃とかアニメのキャラクターが多いんですね!

ただのおじいさん(自称)

そうやねん。リクエストがあったらそれに応える形で作ってるから、最近は鬼滅の刃が多いね。でもね、最近は子どもの数が減ってきて寄贈できる数も少なくなってきたから寂しいね。

そうなんです。迫りくる少子化の波を受けて寝屋川市でも子どもが減ってきているので、作れる数も年々少なくなってきているとのこと。

ゆうぽん

それは寂しいですね…。ほかの園から希望があれば新たに寄贈先を増やすとかは?

ただのおじいさん(自称)

まぁ、園からの希望があって、こっちにも余裕があればね。子どもに喜んでもらいたくてやってるからね。

ゆうぽん

子どもがもらったらすごく喜びそうだし、記念になりますよね!

ただのおじいさん(自称)

ハハハ、まぁ大したものじゃないけど、そう言ってもらえたら嬉しいね。

「このあともシルバーセンターの仕事があるねん」と言っていたおじいちゃん。仕事に趣味にボランティアと精力的に活動される姿に、なんだか元気をもらったような気分になりました。

おしまい!

【関連記事】