老舗の名店で買った寝屋川銘菓!「御菓子処つくし」(黒原城内町)の『鉢かづきちゃん物語』他【寝屋川グルメ】

寝屋川市の食を紹介する「寝屋川グルメ」のお時間です。

202012つくし-8

今回紹介するのは、黒原城内町にある和菓子店「つくし」です。
202012つくし-6

仁和寺商店街の一角にあります。
写真左側の茶色い屋根のお店。近くには菊水温泉などが。
202012つくし-7

反対側を向くとこんな感じ。少し歩くとトップワールド黒原店などがあります。
202012つくし-5

公式サイトによれば、こちらのお店では一級菓子製造技能士が手掛ける手作り和菓子・銘菓を取り扱っているそう!

店内の様子を見せていただきました。
202012つくし-1

こちらはショーケース。贈答用などにぴったりなお菓子が並べられています。
202012つくし2-5

こちらのコーナーには赤飯やお饅頭、大福なども。
202012つくし2-2

いろいろと目移りしながらも商品を見渡していたんですが、ひときわ気になるお菓子が……。

それがこちら。
202012つくし2-7
「ねやがわ銘菓 鉢かづきちゃん物語」(140円)

なんと! 寝屋川市公式マスコットキャラクター「はちかづきちゃん」のお菓子が売られていました。

続いてはこちら。
202012つくし2-6
「寝屋川の里」(170円)

こちらも寝屋川市の郷土銘菓なんだそう。

こんなものもありました。
202012つくし2-8
「寝屋川特産青じそゼリー 大葉の里」(150円)

これは買うしかない! ということで、今回は上記の3種類を含めたお菓子をいくつか購入してみました。

それがこちら。
202012つくし-11
正面にある栗がめっちゃ見えているものが「寝屋川の里」、左隣が「鉢かづきちゃん物語」、その奥の緑のものが「寝屋川特産青じそゼリー 大葉の里」。

そのほかのお菓子は「梅だより」と「よもぎ大福」です。

202012つくし-13

「鉢かづきちゃん物語」「寝屋川の里」は白餡にそれぞれ栗の甘露煮と細かく刻んだ芋が混ぜ込まれており、控えめな甘さも相まって上品な味わい。

「寝屋川特産青じそゼリー 大葉の里」は開けた瞬間からめっちゃシソの香りがすごい! 味はさっぱりしていて冷やすとよりおいしそうです。

寝屋川市民になってもうずいぶん経ちますが、恥ずかしながらこんなに本格的な銘菓があることを初めて知りました! 市外の人に渡すお土産なんかにもってこいですね〜。

こちらのお店では定番品のほか、季節によってさまざまなお菓子を提供しているそう。

お正月のお餅なんかも予約できるそうです。そのほか、公式サイトでは通信販売も取り扱っています。(※通販について、12月23日~1月5日の期間は一時休止中とのこと)

和菓子を購入する際はぜひ訪れてみてください。

【お店情報】

・御菓子処 つくし
・営業時間:9:00〜18:30
・定休日:火曜日
※営業時間や定休日は変更になる可能性もあるので、来店時は事前にお問い合わせください。
・住所:大阪府寝屋川市黒原城内町2-3
・電話番号:072-839-3905
公式サイト

【地図】

【関連記事】近隣の記事
トップワールド黒原店の駐車場が有料に。500円以上買い物したら60分間無料になるサービスも