しぶんぎ座流星群が1/3(日)23時台に見ごろを迎えるみたい。寝屋川市の天気予報は曇り

毎年新年を迎えると恒例の「しぶんぎ座流星群」が1月3日(日)に見ごろを迎えます。

P1140372
※資料写真(本文とは直接関係ない夜の写真)

しぶんぎ座流星群(wikipedia)は、ペルセウス座流星群(8月)とふたご座流星群(12月)に並び、年間三大流星群の1つとされている流れ星です。(下の動画の23秒、33秒、37秒付近、50秒~)


※2014年1月に撮影された動画

ふたご座流星群に次いで夜の長い時期に出現するものの、他の2つと比べて流星数が少ない(=当たり外れが大きい)のが特徴です。

今年のしぶんぎ座流星群が極大(ピーク)を迎えるのは3日(日)23時~4日(月)午前0時ごろ。その時間帯の流星数は1時間に最大20個程度と予想されています。

気になる寝屋川市の天気予報は、以下の通りです。

(1)3日(日)
・15時:晴れ
・18時:晴れ
・21時:曇り

(2)4日(月):曇りのち晴れ

ヤフーニュースより

夜になると曇ってきますが、雲の隙間から観測できるかもしれませんね。

方角は北の夜空です。関心のある方は、星空を見上げてみてはいかがでしょうか。

【関連項目】天体観測に関する記事
・皆既月食(2014年10月 / 2015年4月
・部分日食(2016年3月 / 2019年1月)、火星が地球に接近(2016年6月)