メディアに寝屋川の”子ども1st”な野球チームが

寝屋川市などで活動する少年・少女野球チーム「レジリエンスソウル」が野球メディア『Full-Count』で取り上げられています。

本文とは直接関係ない寝屋川公園野球場

その記事↓

上記によると、『レジリエンスソウル』は新たな少年野球の形として「怒声や罵声、親の負担もなし」の理念を掲げているチームのよう。

記事ではチームの代表にインタビューを行い、5ページにわたって取り組みを特集しています。

それによると、このチームは練習時間を1日3時間とし、大事な練習に取り組めるように大会の出場は年に1~2回に限定。子どもは練習を休みやすく、保護者のお茶当番や無理な車出しなどもないのだとか。

選手の可能性を広げるため、守備位置を決める際は“1人3ポジション制”を提唱しているとのこと。

公式サイト↓

公式サイトによると、基礎・基本の徹底練習や礼儀・礼節も重視しているようです。2019年10月の設立された新しいチームですが、女子選手も多数入部しているみたいですよ。

関心のある方はFull-Countの特集記事を読んでみては。

関連リンク

※「7Nan」さん、情報提供ありがとうございました。(情報提供はこちら

広告の後にも続きます

広告の後にも続きます