the paddlesの新曲MVのロケ地が寝屋川

音楽バンド「the paddles」が寝屋川市で撮影したミュージックビデオを公開しています。

淀川河川公園太間地区

公式発表によると、寝屋川市が登場するのは10月5日発売のミニアルバム『efforts』に収録された楽曲「予測変換から消えても」。メンバーのホームタウンが寝屋川市であることから、寝屋川市がロケ地として選ばれたのだとか。

公式動画↓

動画を再生すると、人通りが多い寝屋川市駅のバスロータリーだけでなく、商店街から逸れた路地裏などが出てきます。3人が歌っている場所は淀川河川公園でしょうか。

プロフィールによると、「the paddles」は、四條畷高校軽音部のメンバーで結成した音楽バンド。大学受験後の活動再開時にバンド名を改名し、現在に至るようです。

公式サイト↓

2019年10月には初の全国流通盤となるミニアルバム「EVERGREEN」を発売しましたが、その際もミュージックビデオ内に寝屋川市の淀川河川公園が登場しました

地元愛があふれるバンドなので、関心のある方はミュージックビデオを視聴してみては。

関連リンク

※「7Nan」さん、情報提供ありがとうございました!(情報提供はこちら