寝屋川市発の「the paddles」が1stシングル「スノウノイズ/22」を8/5に発売!〜四條畷高校軽音部時代に発足した3人組のバンド〜

寝屋川市発の男性三人組バンド「the paddles」(ザ・パドルズ)が1枚目のシングルCD「スノウノイズ/22」を8月5日(水)に発売することが分かりました。

P1000713
※資料写真(ミュージックビデオに登場する淀川河川公園太間地区)

タワーレコード公式Twitterで告知されています。

「the paddles」(公式サイト)は、「邦楽ロック」の王道を受け継ぐサウンドと疾走感のあるメロディー、そしてボーカルの力強い歌声が人気を集めている3人組バンドです。

結成したのは四條畷高校軽音部時代で、大学受験のための活動休止期間(2016年6月〜2017年3月)を挟みつつ、大学進学後は寝屋川VINTAGEでライブを行ったり、音楽コンテスト(「十代白書2018」「未確認フェスティバル2018」「COUNTDOWN JAPAN 18/19」など)に参戦したりするなど、精力的に活動しているようです。

2019年10月には初の全国流通盤となるミニアルバム「EVERGREEN」を発売。(下の動画を再生すると、51秒ぐらいに淀川河川公園太間地区が出てきます。)

そして今回初のシングルCD「スノウノイズ/22」をリリースすることになりました。

「スノウノイズ/22」(レーベル:paddy field、流通:PCI MUSIC)には、以下の3曲が収録されています。

・スノウノイズ
・ジパングカウンター
・22

CDショップなどで予約の受け付けが始まっているので、「地元のバンドを応援したい!」という方は要チェックです。

【関連記事】
yonigeの新曲「さよならプリズナー」のロケ地は、寝屋川市(2017年4月)
yonigeの2人が寝屋川市長を表敬訪問(2018年5月)