黒原旭町の「ほっかほっか亭」が閉店。黒原地区で唯一の大手弁当販売チェーン店が長年の営業に幕

黒原旭町の弁当販売店「ほっかほっか亭 黒原旭町店」が8月17日(土)の営業をもって閉店しました。

P3000123

黒原~高柳地区で数少ない弁当販売チェーン店で、寝屋川市内の5店舗(電通大前店、香里新町店、大利店、JR東寝屋川駅前店、清水町店)とともに持ち帰りや宅配(11~14時のみ)で利用されてきたお店です。(メニューなどの詳しい情報は公式ホームページをご覧ください。)

同店があった場所は府道149号木屋門真線から神田天満宮前を通り、金田町方面へ向かったところ(旭学園第二保育園の南側)です。
P3000107

P3000116

現地では以下のようなお知らせが掲示されるとともに、
P3000118

撤収の作業が進んでいました。
P3000120

近隣の方によると「20年以上は営業していたのではないか」ということなので、そのような地域に根差したお店が閉店してしまったのは残念ですね。

営業お疲れ様でした。

【地図】

【関連記事】
米米亭が閉店を発表。「もぐもぐ」に業態変更へ(2019年6月14日)
八坂町に「もぐもぐ」が開店(2019年)

※「だいさん」さん、情報提供ありがとうございました!