門真で建設中の「ららぽーと」は「三井アウトレットパーク」との複合商業施設に。『三井アウトレットパーク大阪鶴見』は2023年3月に閉館へ

門真市で建設中の大型商業施設が「三井ショッピングパーク ららぽーと」と「三井アウトレットパーク」の複合商業施設となることが分かりました。

※2022年6月撮影

三井不動産の大型商業施設が建設中の様子はこれまでに何度もお伝えしていますが、続報が7月4日(月)に発表された形です。

・商業施設全体:三井ショッピングパーク門真(約250店舗)
・1、3階:三井ショッピングパーク ららぽーと門真(約150店舗)
・2階:三井アウトレットパーク大阪門真(約100店舗)

三井不動産の発表によると、大型商業施設の1、3階に入る「ららぽーと門真」には食やエンターテインメント施設などが集結。2階の「三井アウトレットパーク大阪門真」にはインターナショナルブランドから国内ブランドまで多彩なショップが揃うということです。

※2022年6月撮影

いずれも2023年春の開業を予定しているとのこと。

また「三井アウトレットパーク大阪門真」の開業に伴い、「三井アウトレットパーク大阪鶴見」(ブロッサム)が2023年3月12日をもって閉館することも同時に発表されています。

三井アウトレットパーク大阪鶴見(守口つーしんより)

7月には「最後の夏のSUPER OUTLET SALE」、8月には「最後の夏のSUPER OUTLET SALE FINAL OFF」が行われる予定とのこと。

三井不動産のニュースリリース(2021年)より

・A街地:商業施設・立体駐車場(三井不動産)
・B街地 :分譲マンション(三井不動産レジデンシャル)
・C街地 :会員制倉庫型店舗(コストコ)
・D街地 :事業所(東和薬品)
三井不動産のニュースリリース(2021年)より

パナソニック本社南門真地区の跡地では「ららぽーと」と「三井アウトレットパーク」(A街地)以外にも、コストコの進出などが明らかになっています。

※2022年6月撮影
※2022年6月撮影

国道163号線と大阪中央環状線に面したところに大型商業施設が開業すれば、寝屋川市民も便利になるのではないでしょうか。

工事が進んだら、再びお伝えしたいと思います。

【関連記事】ららぽーと門真に関する記事

【地図】

【関連記事】

※「うどん」さん、情報提供ありがとうございました!(情報提供はこちら