寝屋川玉泉院の左横で建設中の家族葬専用ホールが見えてきた。春オープン予定

葬儀会館「寝屋川玉泉院」(仁和寺町)の左横で建設されている家族葬専用ホールの外観が見えてきました。

コインパーキングの跡地に「集会場(葬祭場)」の建設計画があるのを2020年2月にお伝えしていたところで、それから建設工事が進んだのが分かります。

※守口方面を向いて撮影(写真左)

↑家族葬専用ホールが建設されている場所は府道13号京都守口線沿いです。

↑枚方方面を振り返ると、こんな感じ。

大人数の参列者も余裕をもって収容できる規模の玉泉院に対して、左横で建設中の家族葬専用ホールはコンパクトな造りになっています。

運営元の京阪互助センター(本社:大阪市北区、公式ホームページ)は比較的規模の大きなホールを玉泉院やシティホール、家族葬向けの葬儀場をメイプルホール・メイプルホールファミリーのブランドで展開していますが、建設中の家族葬専用ホールがどのような扱いになるのか(玉泉院の一部orメイプルホール)は不明です。

現地の看板によると、家族葬専用ホールは2021年春のオープンを予定しているとのこと。

【地図】

【関連記事】
メイプルホール寝屋川公園が建設中(2019年8月)
メイプルホール萱島がオープン(2020年12月)

※「けんけん」さん、情報提供ありがとうございました!