香里本通町の「香里能楽堂」が高架化事業のため一部解体されるみたい。7/2(金)には野村萬斎さんらが来場する記念イベントも

香里本通町の「香里能楽堂」が一部解体されるみたいです。

伝統文化を発表する場として55年間営業を続けてきましたが、京阪本線連続立体交差事業の進捗に伴い、活動の縮小を余儀なくされたようです。

香里能楽堂の場所は京阪香里園駅から府道21号八尾枚方線を北上し、枚方市との境界近くまで来たところです。

香里園駅方面を振り返ると、こんな感じ。

解体工事の期間は7月末からの2ヶ月間です。工事後は残った客席と舞台、楽屋で活動(稽古やワークショップなど)を数年間続けるものの、最終的に全て取り壊し、移転先が決まれば移転する予定とのことです。

現地にお知らせはまだ掲示されていませんが、歴史や記憶などを映像に残すドキュメンタリー映像の制作活動が行われています。

記念に企画されたスペシャルイベントも7月2日(金)に開催される予定です。

スペシャルイベントは能楽師や狂言師を始めとする伝統芸能に、アイドルやアーティストのライブなどの「現代エンタメ要素」も取り入れたのが特徴で、「伝統芸能は敷居が高い」と感じている人も楽しめる内容になっているのだとか。

俳優として大河ドラマや連続テレビ小説にも出演したことのある能楽師・野村萬斎さん(Wikipedia)らが来場するとのこと。

【地図】

【関連記事】
香里本通町の「やまぞえ歯科」が閉院してる。府道21号線沿いの京阪の高架化事業が進められているところ(2021年4月)