星田北で「ロジクロス大阪交野」の建設工事が着工してる。三菱地所が開発する冷凍・冷蔵機能を備えた物流施設

交野市星田北8丁目で物流施設の「ロジクロス大阪交野」を建設する工事が着工しています。

ロジクロスは、大手不動産ディベロッパーの三菱地所が全国で開発している物流施設で、大阪府内ではロジクロス大阪(大阪市西淀川区)、ロジスタ・ロジクロス茨木彩都(茨木市)に続く物件となります。

「ロジクロス大阪交野」が建設される場所は星田北土地区画整理事業地内で、完成イメージ図では左上の赤い鉄塔の右側の建物です。

※門真方面を向いて撮影

第二京阪道路から現地の様子を見ると、こんな感じ。

事業中の都市計画道路星田駅前線にも面しています。

星田駅側の道路から眺めると、工事現場の様子がよく分かりました。

三菱地所の発表(11月15日)によると、建設される「ロジクロス大阪交野」は地上4階建て、延床面積が約20,800平方メートル(約6,300坪)。冷凍・冷蔵機能を備え、2022年11月の竣工後は荒木運輸株式会社が一括で借り上げることが内定しています。

星田北土地区画整理事業地ではニッセイロジスティクスセンター大阪交野(三井食品が使用)、三井不動産ロジスティクスパーク大阪交野も建設されていて、大手企業が開発する大型物流施設の集積が進みつつありますね。

建設工事が進んだら、再びお伝えしたいと思います。

【地図】

【関連記事】

※「7Nan」さん、情報提供ありがとうございました!(情報提供はこちら