寝屋のたち川で見られたカワウの姿。ウナギらしきものを食べてたみたい

寝屋川市寝屋に流れる「たち川」で、カワウ(河鵜)の姿が見られたみたいです。

読者提供

今回の記事は読者の方から投稿された写真の紹介です!

■投稿者「ケロロン」さんからのコメント
たち川でカワウがウナギを食べようと格闘中の場面に出合いました
場所は千成ヤクルト販売さんから少し下流に行ったところで、カワウがウナギ咥え飲み込もうと振り回しているところでした
貴重なウナギは無事?カワウのお腹へ

なるほど、写真で見る限りカワウが長細いウナギのようなものを捕食しているのがわかりますね。しかしウナギなのかな? そもそも寝屋川市にウナギなんているのでしょうか。

ちょっと調べてみたところ、大阪府が公開している『大阪府内に生息している魚類』というデータで、寝屋川上流に「タウナギ」が生息しているとの情報を得ました。てことはタウナギの可能性大?

写真は「WEB魚図鑑」より


おおーこれっぽい! 正解かどうかはわかりませんが、写真のやつと似てる。ちなみに「タウナギ」はウナギに似てはいますが、土用の丑の日とかに食べるあのウナギとは全く別の種類みたい。

今回目撃された「たち川」というのは河川寝屋川の源流部にあたる川ですので、たしかにタウナギがいてもおかしくないようですね。

ちなみに「カワウ」は、河川や河口付近、湖沼、浅海域などに生息している「鵜(う)」の一種だそうですよ。こんなの見たこと無い! 

【地図】おおよその場所↓

【関連記事】
打上川治水緑地の池で見られたカイツブリの親子【寝屋川フォト】(2021年5月)
大谷町のレンゲ畑にいたカルガモ。市内の打上川にはカワセミも【寝屋川フォト】(2021年4月)

※「ケロロン」さん、写真投稿ありがとございました!