非公開で行われた「高倉とんど焼き」の様子。2021年の干支「丑」が炎に包まれた

梅が丘2丁目(寝屋川公園方面)の讃良川沿いにある田んぼで1月の某日に「高倉とんど焼き」が行われました。

高倉とんど焼き2021年1月-6

新年の干支をモチーフにした「干支とんど」は地元の高倉水利組合(公式Facebook)が2010年から制作しているもので、小正月の時期(1月中旬)にお正月のしめ飾りなどと一緒に燃やすのが「高倉とんど焼き」です。
寝屋川公園 ミニチュア干支とんど-9
※寝屋川公園で撮影 

今年の「高倉とんど焼き」は新型コロナウイルス感染拡大の影響により非公開で行われましたが、「関係者のみで燃やすのはもったいない!」と思ってお願いし、特別に見せていただいた形です。

こちらが燃やされる直前の「とんど」です。
高倉とんど焼き2021年1月-2

阪神淡路大震災や新型コロナウイルスの犠牲者に対して黙祷を行い、とんど焼きが始まります。
高倉とんど焼き2021年1月-3

初めに燃やされたのは、青竹と藁で組み立てられた「丑」(うし:長さ3.7m、高さ2.2m)の干支とんどです。
高倉とんど焼き2021年1月-4

年男の子供が火を点けるとすぐに燃え広がり、
高倉とんど焼き2021年1月-5

「丑」全体が炎に包まれます。
高倉とんど焼き2021年1月-6

高倉とんど焼き2021年1月-7

高倉とんど焼き2021年1月-8

人の背丈よりも大きかった「とんど」も5〜10分ほどでご覧の通りです。

続いて左奥の「大とんど」の点火に移ります。
高倉とんど焼き2021年1月-9

上の方まで燃え移ると、
高倉とんど焼き2021年1月-10

上部のワイヤを引っ張り、今年の恵方の方角に倒します。
高倉とんど焼き2021年1月-11

高倉とんど焼き2021年1月-12

高倉とんど焼き2021年1月-13

高倉とんど焼き2021年1月-14

こちらも短時間ですぐに灰になる火力の強さでしたよ。

11月から田んぼに展示されていた「丑の干支とんど」は燃やされてしまいましたが、ミニチュア版の「干支とんど」が寝屋川公園に展示されています。(こちらは燃やされずに残り、来年末に再び市役所に展示される予定です。)

2月の旧正月まで見られるので、関心のある方はぜひ。

【地図】

【関連記事】
・高倉とんど焼き当日(
2016年2017年2018年2019年2020年
市役所に登場したミニチュア版のネズミ(2019年12月)