寝屋川市役所に東京パラリンピックの聖火トーチが展示されてる。オリンピックのトーチとは色違いみたい

寝屋川市役所で東京パラリンピック聖火リレーのトーチが7月8日(木)から2日間の日程で展示されています。

トーチの展示は8月24日から開催される東京パラリンピックの機運を盛り上げるため、採火式(43道府県:8月12日〜16日)や聖火リレー(4都県:8月17日〜24日)とともに企画されたものです。

聖火トーチが展示されている場所は、本庁舎の1階ロビーです。

桜の花びらをイメージしたトーチの形やデザインは東京オリンピックのものと基本的に同じですが、色が異なるみたいです。(オリンピック:金色、パラリンピック:ピンク色)

詳しい解説もパラリンピック用のものが設置されていました。

パラリンピックの聖火トーチは大阪府内の自治体を巡回して展示される予定で、寝屋川市は9日(金)15時30分まで。

〈主な近隣の市の巡回日程〉
・高槻市(7月2〜3日)
・交野市(7月4〜5日)
・寝屋川市(7月8日〜9日)
・枚方市(7月18〜19日)
・大東市(7月20〜21日)
・四條畷市(7月24〜25日)
守口市(8月18〜19日)

東京2020パラリンピック聖火リレートーチの展示についてより

オリンピック期間中やパラリンピックの開会式の直前もどこかの市町村に展示されるので、今日見られない方は近隣の市に足を運んでみてはいかがでしょうか。

【地図】

【関連記事】
延期された東京オリンピックの聖火リレーの日程が決定(2020年9月)
寝屋川市役所に聖火リレーのトーチが展示されてる(2021年3月)