高宮にある「警笛鳴らせ」の標識、グニャグニャっとした街道を行く

高宮(寝屋川市南部)の狭い河内街道に、珍しい「警笛鳴らせ」という標識があります。

P1330153

この標識は、危険がなくても警笛を鳴らして通行しなければいけないというもので、狭くて見通しの悪い山道などに多く設置されています。

騒音問題になるからか市街地では珍しい存在ですが、高宮公民館前でも見かけることができます。
P1330155

写真を見ていただくと分かる通り、道路が狭くて見通しがすごく悪いです。対向車が突然出てくることが十分に考えられますね。

北方向を振り返ると、こちらにも標識が設置されていました。
P1330150

2つの標識はそれぞれ片方向のみ設置されています。どうやら、対向車のうち接近する片方のみが鳴らせば良いということのようです。

正直に言うと鳴らしている車は少数派に感じましたが、昔の街道の雰囲気をそのまま残している光景は、ここと高倉(同じ看板がある)で見られるオリジナルなものなのかもしれません。

【地図】高宮公民館前

大きな地図で見る

【関連記事】
石津小学校前にある謎の看板(2013年4月)