宇谷町のアスファルトを突き破る「ド根性スイセン」の株が大きくなってる【寝屋川珍百景】

宇谷町(寝屋川市北東部)にある会社の駐車場に、アスファルトの隙間から「ド根性スイセン」が生えているのを見つけました。

ド根性スイセン2021年1月-1

ド根性スイセンは2016年2月にもお伝えしていますが、今年も変わらぬド根性魂を見せつけているようです。
P1580172
※2016年2月撮影

スイセンが生えている場所はちょうど万代宇谷町店の裏側です。事業所(新晃工業など)が立ち並び、関係者しか来ないような地域ですが、
ド根性スイセン2021年1月-3

その一角にスイセンがズドーン!5年前よりも勢力が増している気がします。
ド根性スイセン2021年1月-2

Wikipediaによると、スイセンはチューリップやヒヤシンスと性質が似ていて(球根を用いて植えるのが一般的)、冬から春が開花期なのだとか。

現在株を大きくしている段階だとしたら、今年もこれからの季節に花を咲かせるかもしれませんね。

【地図】 

【関連記事】
淀川河川公園のコスモスが満開(2015年10月)

※「ポポンタ」さん、情報提供ありがとうございました!