高柳のJA九個荘に「飲めるご飯」の自販機が置かれてる!購入してみた結果…

高柳1丁目の「JA九個荘」で「飲めるご飯」の自販機が置かれているのを見つけました。

P1030133

最初はコカコーラの自販機かと思ったのですが、よく見るとこれまでに見たことがないような製品が売られていたので調べてみた次第です。
P1030136
※仁和寺方面を向いて撮影

245g缶の正面に「飲めるごはん」、
P1030124

自販機のボディに「第34回関西発明大賞」受賞と書かれていますね。
P1030122

詳しい説明もありました。それによると、この製品は水道・電気・ガスの供給がストップした阪神・淡路大震災の体験から生まれた非常食です。
P1030132

災害初期段階は水分がないと食べづらいビスケットや乾パン、加熱が必要なインスタント食品が不向きなのに対し、この製品は水も火も必要なく、水分と栄養を同時に摂ることができるそうです。

味は子供や高齢者にも飲みやすいように「梅・こんぶ風味、ココア風味、シナモン風味」の3種類(全て280円)が用意されていました。(アレルギーにも配慮済み)
P1030128

P1030126

P1030131

興味深かったので、実際に「梅・こんぶ風味」を購入してみることに。

購入してみると、冷えた缶が出てきました。4年以上常温で長期保存ができる設計となっているにも関わらず、冷えた状態ですぐに飲めるように配慮されていて嬉しいです。

中身をコップに注ぐと、どろっとした茶色い流動食が出てきました。
ドリンク-1

ご飯粒のようなものは入っておらず、甘さが特徴の味も通常のご飯とは全く異なるものでした。

味は普通のご飯やビスケット類に軍配が上がりそうですが、災害時に水分と栄養を同時に摂取できるものとしてはアリかもしれません。

【地図】

【関連記事】
・格安切符の自動販売機(下神田町萱島本町郡元町寝屋川一番街
香里本通町に「だし道楽」の自販機が登場!うどん店のダシが買える珍百景(2014年2月)