「アレクサ、電気を消して!」 IoT化と冬でも半袖でいける全館空調のお家できちゃいました【ねやつー不動産】

どどーんと大きな吹き抜け。


「冬は寒いんじゃ…?
外は5℃くらいですよね?」

「いや、さっきまでエアコン付けてたんですけど暑くて切っちゃいました(笑)」

リビングにお勉強スペースも!


「宿題や公文のプリントもここでやるよ〜!」

キッチンから家族の様子が見渡せる配置!


「主人と娘がピアノを弾いてる様子が見られるし、ご飯の配膳もしやすいしかなり満足です!」


「いいですね!しかも、お父さんがピアノを弾けるって素敵…♪」

こんなお家を建てたのは…

今回、小学生2人のお子さんがいるHさまのお家におじゃましてきました。
あかりホームの里村さんと松本さんも一緒にお話を伺いましたよ!

Hさまご家族

小学生の姉弟がいる4人家族。
もともとは枚方市内の社宅にお住まいだったが、趣味のジョギングをしている最中に分譲予定地を発見。
ハウスメーカーやマンションを視野にいれつつも、建築士の奥さまと電気関係の会社にお勤めのご主人が最終的にあかりホームを選択。
さて、その理由は…?

こちらはお子さんとご主人が一緒に作成したお家の模型。
かなり細部までリアルに表現されています!
この記事を読んだあとにもう一度見ると、かなり細かいところまで再現されているのがわかりますよー!!

では、実際のお家を見てみましょうー♪

玄関で手洗い→収納の流れ。


「では、おじゃまします。
玄関前の格子の影がいい感じ!
壁もおしゃれ〜♪」


「壁一面をエコカラットにしてもらいました。
あと、入ってすぐ右側に掃除用具や小物などを置けるスペースがあるんですよ。
マスクなどを入れて、外出時にさっと取り出せるので便利ですね!」


「帰宅してすぐ手を洗えるように、手洗いコーナーもつくっていただきました!」


「お子さんも手洗いの習慣ができていいですね!
ゴールド調の照明も素敵〜」


「そして、突き当りはウォークインクローゼットになっています。
鞄や上着はリビングに持ち込まず、ここに置くことができるんですよ!」


「お子さんのランドセルもここに置けるようになってる!
リビングがゴチャゴチャ…を防げる工夫ですねー!!」

和室=勉強スペース+収納

お姉ちゃんと弟くんがお出迎え♪


「そしてここがリビングですね…うわ〜素敵すぎる♡」


「こんにちはー!!」


「畳コーナーに勉強や読書ができるスペースをつくりました。
初めは私の在宅ワーク用にと思っていたんですが、子どもの場所になっていますね」


「ここで宿題や公文のプリントをやるよー!」


「畳の下には大容量の収納庫があって、季節モノの家電やツリー・お雛様などを入れています。
かなりたくさん入るんですよ〜」


「私も入れるくらい〜!」


「おおーこんなところに!
ツリーやお雛様ってどこに収納するか迷いどころですが、ここならこの場所でサッと出して仕舞えるからいいですね!」

『展開図』を描いてくれたんです!


「そうそう、あかりホームさんでお家を建てるにあたってびっくりしたのが展開図を描いていただけたこと!
うちはカウンターとか壁にたくさん付けるのでわかりやすくて助かりました。工務店さんで描いてくれるところあるんやって驚きましたね!」


「て、展開図…?」

ギターはご主人の趣味。娘さんと一緒に演奏を楽しんでいるそうです。


「展開図とは、部屋の4面の詳細がわかる図面のことです。
平面図では分かりにくい棚・窓・ドアなどの高さが確認できるようになっています」


「ギターを置く高さや壁掛けテレビの配線の位置を松本さんと相談しながら決めたんですが、すごくわかりやすかったです!
私たちコンセントひとつとっても要求がすごく細かったと思うんですけど、丁寧に回答してくださって安心感がありましたね」


「そうなんですか!
お家って大きなお買い物ですし、ここまでしてくれると安心ですね〜」

全館空調で冬も半袖?!

シーリングファンがめっちゃおしゃれ。


「それにしてもこのお家、吹き抜けも大きいし、エアコンが見当たらないのに寒くないですね。
もしかして…」


「はい、一般的なエアコンを床下と屋根裏に設置した『全館空調』です!
ここはさらに南側に窓をもってきているのもありますね」


「でたー!!」

エアコンの『全館空調』
の仕組みとメリット

天井近くにある通気孔から夏には冷風も。
ここから温風が吹き出します。

2階にある冷房用のエアコンから冷風が、床下エアコンから温風がほんわり吹き出します。
冷たい空気は下に、温かい空気は上にいく原理を利用した仕組み。

ハウスメーカー等で採用されるパッケージ化された全館空調は、システムが複雑でメンテナンスや交換業者が指定されますが、あかりホームは市販のエアコンでOK!

機械はいずれ壊れ交換が絶対に必要な事から、メーカーや業者を選択できる汎用品を使います。
従って10年、20年後に故障や交換が必要になった時、一般的な家電量販店での対応が可能。

また、夏季用エアコンと冬季用エアコンを完全に専用化する事で年間を通してエアコンに負荷がかかりません。
そのため、エアコン自体の長寿命化と省エネ性を実現できています。
完成度が高く、現在考えられる住宅空調では最高の組み合わせなんです!


「床下エアコンの存在は知ってたんですけど、自分が自宅に採用するなんて思ってもみなくて!
実際住んでみるとすごく快適ですね〜」


「実は今エアコンを切ってあるんです。ちょっと暑くなってきて(笑)
息子は今日半袖短パンで過ごしています!」


「陽の当たっている部分の温度は…26.9℃!

大きな吹き抜けがあるのにポカポカ。


「ひえー!今12月(取材時)ですよね?
しかもエアコン切った状態で…すごすぎる!」


「毎日の温度・湿度をスマホでグラフ化してるんですよ!
こんな風に!」

ご主人のスマホ画面

里村先生の解説!

アベレージ23.6℃から27.6℃の範囲をパッシブ範囲(太陽熱取得)23.6℃から20.3℃の範囲を断熱性能の範囲として区分けしました。
水曜日が曇りで室内温度が24℃ぐらいまでしか上がらず、逆に夜になって快晴になった事から放射冷却で木曜日の朝が冷え込んだ事を示しています。
日中が快晴だった火曜日は室内の温度が27.6℃まで上昇しています。
このデータから室内の温度差は太陽熱取得に比例し、室内の最低温度は外気温に比例する事がわかります。
湿度についてはこのデータは相対湿度の変化を表しています。
加湿器の使用時間にもよりますが絶対湿度が同じであると仮定すると室内温度が一番高い火曜日の日中が一番低い相対湿度になっています。
また、室温アベレージが23.6℃の時の相対湿度アベレージ43.1%は理想的な温湿度環境だと言えます。


「簡単に言うとどういうことでしょうか?
教えて!里村先生(笑)」


「簡単に言うと、日中は太陽から無料の暖房が届くのでそれをうまく家の中に取り込もうって事やね!(冬季限定の話)
これもSDGsで、かつ経済的で家計に優しい家づくりになります!」


「す、すごい…!!」


「窓から陽の入る角度も細かく計算して窓位置も考えてくれたので、本当に暖かいですね〜」


「以前からパッシブ住宅が気になっていたんですが、里村さんからちょうど提案していただいて…それで結果的にパッシブで建てられてすごく満足しています!」


「パ、パッシブ…?」

パッシブ住宅とは?

省エネ住宅の設計メソッドのひとつ。
太陽光を「熱」と「光」に分けて考え、それぞれ取り入れる窓を選択。
光だけを取り入れる窓、冬は太陽熱を取り入れる窓、逆に夏は熱が入らないよう上部に庇を設置したり、窓の外側に外付ブラインドを設置したり、あかりホームは独自の考え方と工夫に基づいた家づくりを行っています。

ウッドデッキも暖かい!


「ここも見てみて〜!」


「ウッドデッキ〜!
ハンモックでゆらゆら…気持ちよさそう♪
ここも南側にあるからポカポカしますね!」


「野菜も育ててるよ!
ネギと春菊〜」


「うちはキャンプが好きでよくやるんですが、駐車スペースとつながっているので車から室内へテントなどを移動させるのも楽ですね!」

会話できるアイランドキッチン


「あとキッチンもかなり気に入ってますね。
娘が料理をするようになったので、一緒に楽しんだりしています!」


「あとは友人が遊びにきた時、畳コーナーの小上がりに座ってる友人に『お茶おかわり〜』って言われて、私が『はい、どーぞ』みたいな(笑)
そんな感じで会話しながらここで作業できるのがいいんです」

娘さんが『星に願いを』を弾いてくれました♪そんな様子もキッチンからのぞむことができます。


「キッチンにいながらコミュニケーションがとれるっていいですね。
そしてピアノの演奏を聴きながら…癒やされる〜♪」


「ママ〜って呼ばれてもすぐ返事できますしね(笑)」


「あと、テーブルと横並びにできるようにしてもらったんで、配膳がすごくしやすいです。
子どもたちも食べ終わった食器をキッチンまで持ってきてくれるうようになったんですよ!
私が無駄に動かなくていいので楽です〜」


「助かるー!!!」


「IHコンロはPanasonicの横並びのものにしてもらいました。
初めはよくある形より金額が高いのかな?って思ってたんですが、そこまで変わりなくできますよって言われてお願いしたんです」


「使い心地はどうですか?」


「使いやすいです。
うちは共働きなので平日はなかなか料理に時間をかけられないんですが、日曜日はコンロ1つで作り置きを作って、残りの2つで晩ごはんの分作って…という風にできるので助かってますね!」


「この飾棚は展開図で松本さんにここに付けてほしいってお願いしたんです。
新築したら飾ろうと決めていた物や、子どもの絵なんかもディスプレイしてますね!」


「この棚同士の位置バランスもいい!」


「キッチンにこういう場所あるって素敵ですよね♡」


「アイランドキッチンになっているのでグルっと廻れるようになっているんですが、この裏のスペースを利用して有孔ボードの壁掛けをつくってもらいました!
片付けが苦手なので、ここにとりあえず何でも掛けられるのは助かります〜」


「こういうエコバックやエプロンって置き場所に迷うけど、ここならすぐ手に取れますね。
表から見えないところにこんな裏技が…!!」

2階にも全館空調の秘密が…?


「次は2階へどうぞ!
この手すりは鉄工所(鍛冶屋さん)の手作りでつくってもらったんです。
もともとは既製品の手すりだったんですが、あかりホームさんにこういうのもありますよって教えていただいて取り入れました」


「手作りの手すりって初めて聞きました!
階段を上がるたびに愛着がわきますね♡」


「ここからの眺めもいいですね。
おしゃれなカフェみたい…!!」


「室内窓を付けて、窓枠とシーリングファン、手すりを黒で統一しました!」


「2階のトイレは主に子どもたちが使っていますね。
スイッチプレートも雰囲気に合わせて付けてもらいました!」


「グレイッシュでかっこいいー!」


「この先は主寝室と子ども部屋になっています。
その前に…」


「その前に?」


「この天井が開くようになっていて、屋根裏があるんです」


「おおお!はしごが出てきた!!」


「この中に全館空調の夏用エアコンが入っています。
こちらも市販のものなので、修理や交換はここから入ってもらって簡単に対応してもらえますね!」


「スペースがあって物置にも使えるんで、他の収納に入りきれなかった分を収めたりしています〜」

アレクサが活躍!IoT化な寝室

こちらも南向きなので日中は冬でも暖かい。


「ここが主寝室にしている部屋ですね。天井を高くしてもらってかなり広々と使えています。
まだベッドを用意してないので、家族みんなで布団を敷いて寝ているんですよ。
夜はベランダから天体望遠鏡で子どもと星や月をみたりしていますね!」


「うわ〜ここも日当たりがよくてポカポカですね。
冬とは思えないくらい!
そして、夜は親子で天体観測…ロマンチック!」


「夫婦で本が好きでかなりたくさんあるので、本棚をここに置けるようにしてもらいました。
実用書から子どもの本まであります」

寝る前に子供と遊んだり、本を読んだり、音楽を聴いたり…この部屋にいると癒されるそう。


「そして最近家のIoT化を進めていまして…
※IoT化とは、Internet of Thingsの略で製品がインターネットに接続されることで遠隔操作やデータの収集・分析が可能になること。
アレクサ、電気を付けて!

\パッ!/


「おおー!電気がついた!!」


アレクサ(スマートスピーカー)やスマホから電気製品を操作できるようにしています。
自分たちは動かなくていいのですごく楽ですね!
1階の照明やテレビもそうしてて、子どもたちも『アレクサ!テレビ消して〜』って感じです」


「それをするために松本さんには、照明やスイッチの要望もひとつずつ丁寧に聞いてくれましたね〜」

窓や換気システムを甘くみたらアカン。


「あと、窓をペアガラスの樹脂サッシにして、フィックス窓(開かない固定の窓)はトリプルガラスにしたんです。
トリプルガラスって高いイメージがあったんですが、お安くできますよって言ってくれて」

ペアガラス・トリプルガラスって?

ペアは2枚、トリプルは3枚のガラスとその間の空気層で構成された複合ガラス。
空気層には、熱伝導を抑える効果があるガスを充填しています。 この空気層が外気温をシャットアウトして室内の温度を一定に保ってくれます。


「窓は大事で、洋服に例えると外壁がジャンパーで窓自体がジャンパーに穴が開いているようなものらしくて、その穴を塞ぐのは良い材料で塞いだ方が良いと聞き、一部トリプルを選択しました。
確かにトリプルガラスの部分は触ってもひんやりしてないし、全然違いますね!」


「まったくその通りです!
壁の断熱材の厚みを通常のまま(付加断熱は別)で納めようとすると限界があります。
そこで、天井や床の断熱材を必要以上に厚みを増やす設計者もいますがニット帽の上からさらにニット帽をかぶる様なものでバランスが悪く、数値上は良いかもしれませんが家の中の環境は本当の良いの?となります。
やはり、外壁(断熱材)に開いた穴を良い材料(樹脂窓ペアやトリプル)で塞ぐのが正解かなと思っています。
もちろんコストとの相談ですが」

真ん中で将来分けられるようになっている子ども部屋。


「それでいうと、北側にある子ども部屋の窓もトリプルガラスにしたらよかったなって。
他の部屋に比べるとちょっとひんやりしてますね。
まぁ、今のところ20℃は下回らないんで結局快適なんですけどね!」


「しかも、各部屋ごとにエアコンのオン・オフ、風量の強弱がができるのがすごいうれしくて。
うちの実家が30年前に建てた全館空調のお家なんですけど、部屋ごとの調節ができないし内部の換気ダクトも複雑で管理もしにくくて…」


「このお家なら、全館空調も市販のエアコンだったり、換気もまるごと洗えるダクトレス換気システム『せせらぎ』が付いているので管理はかなりしやすいと思いますね!」

ダクトレス換気システム 『せせらぎ』って?

このような筒状のセラミックが換気扇に入っていて、これが家の中の空気を排気する時にその熱をためこみます。

冬は外の新鮮な空気を温かくして家の中へ、夏はその逆で、家の涼しい空気を保ったまま換気してくれます。

大工さん、いい人ばかり!


「あ、あとすごくいいなって思ったのが大工さんや監督さんもいい方ばかりで。
建築中も毎週ジョギングがてらここに見にきてて『ここの勾配、こんな感じでどうっすか?』って中を見せながら聞いてくれて!
こちらも『いいっす!お願いします!』みたいな(笑)」


「こうしたらもっと広く見えますよ!みたいなことも言ってくれて」


「建築中も気軽に大工さんとお話ができるって安心感がありますね!
いろんなお話をたくさん聞かせていただき、ありがとうございましたー♪」

こんなお家建てたい人!

いかがでしたか?

管理が楽な全館空調の家に住みたい!
家事や収納がしやすい動線希望!
家族の趣味を大事にしたい!

こんな要望もあかりホームなら実現しちゃいます。
注文住宅をお考えの方はぜひ相談してみてくださいねー!!

そして、最後にお知らせ!

あかりホームの新しい分譲地
ハルタウン三栗

枚方市三栗2丁目に新街区がもうすぐ誕生!
斜めの壁面を大きくアピールした船のようなシルエットが特徴的なモデルハウスもできますよー♪

どどーんと全32区画(建売り・注文住宅)。
かなり広い!

今後取材して『どんな場所?』『どんなお家が建つ?』という記事をアップする予定なのでお楽しみに♪

ハルタウン三栗公式ページはこちら。

【 お問い合わせ・資料請求】 

0120-361-020(フリーダイヤル) 

見学も随時行っておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

住所:〒573-0012 枚方市松丘町18-21
定休日:水曜日 

■あかりホーム 公式サイト 

Sponsored by あかりホーム

※広告のお問い合わせはこちらから!