寝屋川公園の開設率は70%より大きい?小さい?【寝屋川クイズ】

朝から寝屋川市のことがもっと詳しくなれる「寝屋川クイズ」のコーナー!

今回のクイズはこちらです。

Q:寝屋川公園の開設率(都市計画面積における開設面積の割合)はどれぐらいでしょう?

(a)70%未満
(b)70%以上
(c)100%

スポーツ施設や憩いの場など、様々な施設が揃う寝屋川公園。寝屋川公園の開設率(都市計画面積における開設面積の割合)はどれぐらいでしょう。

正解は、






(a)の「70%未満でした!

大阪府の寝屋川公園マネジメントプラン(案)のp.1に開設面積が32.3ha、都市計画面積が54.4haと書かれています。これを計算すると、70%より小さい59%となります。

基礎資料のⅱによると、寝屋川公園は1982年に開設された時は球技広場と芝生広場のみの4.5haでしたが、順次拡大。2012年に南地区を追加開設し、開設面積は現在の32.3ha(開設率 59%)になったのこと。


都市計画では寝屋川公園は北側の府道154号線やたち川の手前まで含まれています。

今後も広げられるのかどうかは不明ですが、現在の開設率が60%ほどと聞くと、公園の広さを実感できるのではないでしょうか。

皆さんは正解しましたか…?

次回の寝屋川クイズも、お楽しみに!

関連リンク

※「7Nan」さん、情報提供ありがとうございました!

寝屋川つーしんでは読者さんからの情報提供をめっちゃ待ってます!
ねやつーと一緒に寝屋川情報を充実させませんか?
お店ができた!あそこで工事してる!などなど些細なことでも大丈夫です!
★情報提供はコチラ★

広告の後にも続きます

広告の後にも続きます