寝屋川市にゆかりのある作品で実在するものはこの中のどれ?【寝屋川クイズ#211】

朝から寝屋川市のことがもっと詳しくなれる「寝屋川クイズ」のコーナー!

今回のクイズはこちらです。

寝屋川クイズ#211

Q:寝屋川市にゆかりのある作品で実在するものはこの中のどれ?

(1)寝屋川市を舞台にしたホラー小説
(2)寝屋川市在住の高校生探偵が登場するマンガ
(3)寝屋川市出身のヒロインが登場するギャグマンガ
(4)寝屋川市を舞台にした家族小説

正解は、






「全部」でした!

(1)の「寝屋川市を舞台にしたホラー小説」とは、講談社タイガから刊行されている
寝屋川アビゲイル 黒い貌のアイドル(著者:最東対地です。

タイトルに「寝屋川」の文言が入っているとおり、寝屋川市を舞台にした作品です。キャッチコピーは「『ボケとツッコミと恐怖』新感覚ナニワ・ホラー!」

寝屋川つーしんでは発売当時にも記事でご紹介しています。

(2)の「寝屋川市在住の高校生探偵が登場するマンガ」とは、
名探偵コナン(作者:青山剛昌)。アニメをはじめとしたさまざまなメディアミックスでおなじみですね。

寝屋川市在住のキャラクターとは「西の高校生探偵・服部平次」。過去に数回、寝屋川つーしんでも取りあげたことがありますが、服部平次が寝屋川市にゆかりがあるという件はかなり有名な話なので、ご存知の方も多いかと思います。

続いて、(3)の「寝屋川市出身のヒロインが登場するギャグマンガ」は、
浦安鉄筋家族(作者:浜岡賢次)です。こちらもアニメなどのメディアミックスを果たした有名作で、2020年にはテレビ東京にて佐藤二朗さん主演でドラマにもなりました。

寝屋川市出身のキャラクターとはヒロインのひとり、西川のり子。こちらのサイトに「寝屋川市から転校してきた少女」との記載があります。(出典:Weblio辞書

最後、(4)の「寝屋川市を舞台にした家族小説」は、集英社から刊行されている
水を縫う(著者:寺地はるな)です。「世の中の〈普通〉を踏み越えていく、清々しい家族小説」とのこと。作者の公式Twitterで以下のように記載があります。

『水を縫う』は川の近くで暮らしてる人たちを書きたくて、寝屋川の京阪本線萱島駅の近くという設定(作中でははっきりそう書いてはいませんが)にしました。萱島駅は駅のホームの屋根をぶちぬくでかい木があってかっこいいです。

引用元:寺地はるなTwitter

皆さんは正解しましたか…?

明日の寝屋川クイズも、お楽しみに!

【関連記事】
探偵コナンの寝屋川市駅が出る回で遠山和葉が服部平次を待っていた寝屋川市の公園はどこ?【寝屋川クイズ#13】
新感覚ナニワ・ホラー小説「寝屋川アビゲイル」が発売中。〜大阪府出身のホラー作家・最東対地さんの作品〜