成田山不動尊と大阪府警寝屋川待機宿舎。先にできたのはどっち?【寝屋川クイズ】

朝から寝屋川市のことがもっと詳しくなれる「寝屋川クイズ」のコーナー!

今回のクイズはこちらです。

Q:先にできたのはどちらでしょうか?

(1)成田山不動尊
(2)大阪府警察寝屋川待機宿舎(幸町にある警察官の官舎)

※(2)は初代の建物ができた年で考えるものとします。

※資料写真(特に関係ない寝屋川市駅西口の寝屋川)

正解は、






(1)の「成田山不動尊でした!

選択肢のできた年は、以下の通りです。

(1)成田山不動尊:1934年(昭和9年)
(2)大阪府警察寝屋川待機宿舎:1937年(昭和12年)

成田山不動尊は大阪の「鬼門」とされた京阪沿線のイメージを良くするために誘致された経緯があり、1934年に建立されました。

※写真奥にある高層マンションが官舎

大阪府警察寝屋川待機宿舎については「寝屋川市誌」(1966年発行)のp.517に「日章園住宅(警官住宅)昭和12年、富田大阪府警察部長の創意により、家族を有する警察職員に貸与するため大阪府が建築した住宅である。」と記述されています。

お寺と官舎のできた年が3年しか変わらないのは、意外な結果なのではないでしょうか。

皆さんは正解しましたか…?

次回の寝屋川クイズも、お楽しみに!

【地図】大阪府警察寝屋川待機宿舎

【関連記事】

※情報提供はこちら