寝屋川の町別人口密度を表にまとめてみました。一番ゴミゴミしているのはどこ??

寝屋川って、都会なのか田舎なのか分かりませんが、一部の地域は住宅が密集していて、けっこう人口密度が高そうですよね。
同じ寝屋川でも場所によって人口密度に差はあるはず…。一番人口密度が高いのはどこなのでしょうか。

そんな疑問を持ったので、寝屋川の町別人口密度を表にまとめてみました~。

数字や文字ばかりですが、時間のある方はお付き合いください!寝屋川市役所の総務課に公開されている2012年の人口と面積をエクセルにまとめ、人口÷面積で人口密度を算出しました。人口密度は分かりやすくするために、単位は一般的な「人/k㎡」を使用しています。以下がその集計結果です。

人口密度一覧

長くてすみませんw 池田だけで人口が約1万6000人いますねー。

これでは分かりづらいので、人口密度が高い順に並び変えてみました。

人口密度ランキング

大利や池田あたりが1位に来るのかと思っていましたが、1位は香里園の松屋町という結果になりました。見た目がそんなにゴミゴミしているイメージはありませんが、高層マンションが多いためトップに来たのでしょうねー。2位の香里北之町は松屋町よりもゴミゴミしているうえに、松屋町ほどではありませんがちらほら高層マンションがあるような気がします。

3位、4位、5位の御幸東町、萱島東1丁目、池田旭町は見た目の通りでした。住宅が「ビッシリ!」と密集していますもんねー。道路が狭いうえに公園もほとんどなかったと思います。

8位の三井が丘5丁目は、集合住宅が集中的に立地しているため、ランクインしています。梅が丘1丁目も比較的田舎なイメージですが、人口密度が2万人を超えています。見た目の人口密度の高さはほとんど感じないので、意外でした。どうせ同じ人口密度なら、道路や公園を広々と取るかわりに高層建築物を認めた方が都市計画上は意味のあることだと思いますが、なんせ1960年代に起きた人口の増加が急すぎたのだと思います。

学校や公共施設の有無も人口密度に影響を与えています。池田旭町は人口密度が約2万5000人となっていますが、池田西町は約1万5000人となっています。同じ地域でも何丁目かによって数値も変わっていますね。

あと気になったのは、黒原や高柳といった、駅から離れた所の人口密度が高かったことでしょうか。全体的に西高東低という結果になっていますが、香里園駅や寝屋川市駅の西側に住宅が密集しているのは歴史的な背景もありそうです。

寝屋川市の人口密度の平均値は1万人/k㎡弱となっているので、おおよそ1万人/k㎡以上だとゴミゴミしている部類になると思います。

皆様がお住まいの地域の人口密度はいかがでしたか?

面白い結果が出たのかどうかは分かりませんが、いろいろ統計データをいじってみたコーナーでした~。

【関連項目】
寝屋川の人口統計推移をグラフにしてみた。枚方や門真との違いは?