寝屋川出身の宇良和輝力士、関学大生で初の角界へ

大学4年生・宇良和輝さん(22歳)が、寝屋川市出身者としては大関・豪栄道関に続く相撲界入りを果たしたとして、話題になっています。

LINK:関学大の業師・宇良「2年で関取に」得意の居反りで沸かせる(スポニチアネックス 2015年2月12日配信)
宇良 角界入り スポニチアネックス

宇良さんは4歳で相撲を始め、京都府立鳥羽高校から関西学院大学教育学部に進学。身長172cm(高校入学時には152cmしかなかったそうです)、体重107kgと小柄ながらも、相手の懐に潜り込んで後方に反って倒す「居反り」を持ち味として活躍。

2月12日に関西学院大学相撲部で初となる角界(木瀬部屋)への入門会見が開かれました。

スポーツ報知の記事(2月12日配信)によると、

教育学部に在籍し、幼稚園と小学校の教員免許を取得見込みの宇良は「目標は2年で関取に昇進すること。1年目は1年で10キロ増量したい。大きな相手に勝つことが醍醐(だいご)味で、どこからでも攻めて行く万能力士になりたい」。

という抱負を語っているそうです。

3月の大阪で開かれる春場所には豪栄道関が大関として凱旋する予定ですが、宇良さんも初土俵を踏むことが決まり、寝屋川市民にとっては楽しみが増えましたね。

※「・・・」さん、「ちん」さん、情報提供ありがとうございました!