ゆるキャラ「はちかづきちゃん」が25周年!全国的にも老舗キャラクターだった!

寝屋川市の公式マスコットキャラクター「はちかづきちゃん」が、2015年で25周年を迎えるそうです!

P1430007
※メモ帳を撮影

「はちかづきちゃん」が登場したのは、鶴見緑地で「国際花と緑の博覧会」が行われた1990年(平成2年)のことでした。広報ねやがわ(2015年7月15日発行)によると、花博会期中の7月30日に記念日が制定され、市民にマスコットキャラクターを募集することになったそうです。

制定された「はちかづきちゃん」は、郷土の民話「はちかづき姫」をモデルとしています。市の木(サクラ)と花(バラ)も描かれており、積極的に寝屋川市の魅力をアピール!
P1410176
※香里園駅前にあるデザインマンホール

それ以来25年間にわたってイベントなどで活躍してきました。

こうしたご当地キャラクターは「ゆるキャラ」と呼ばれ、2010年に始まった「ゆるキャラグランプリ」がブームの火付け役として有名です。実際に全国的な有名キャラクターは、その前後に生まれたものが多いです。

・ひこにゃん(滋賀県彦根市、2006年~)
・バリイさん(愛媛県今治市、2009年~)
・くまもん(熊本県、2010年~)
・ふなっしー(千葉県船橋市、2011年~)
※筆者調べ

こうしてみると、「はちかづきちゃん」は、なかなかの老舗であることが分かりますね。(年齢的に筆者とほぼ同世代…。汗) 

最近のゆるキャラとは少しテイストが異なるようにも感じますが、地元の魅力をアピールする志は変わらず!

これからも寝屋川市のゆるキャラとして、活躍が期待されます。
 

【関連記事】
ゆるキャラグランプリ2014が終了!はちかづきちゃんは629位!(2014年11月)