しぶんぎ座流星群が1/4夜から見ごろに。2016年は流星数が少なめ

毎年新年を迎えると恒例の「しぶんぎ座流星群」が間もなく極大(ピーク)に達します。

しぶんぎ座流星群
※出典:YouTubeから引用(www.youtube.com/embed/B58Strt90m8?rel=0

しぶんぎ座流星群(wikipedia)は、ペルセウス座流星群(8月)とふたご座流星群(12月)に並び、年間三大流星群の1つとされている流れ星です。

ふたご座流星群に次いで夜の長い時期に出現するものの、他の2つと比べて流星数が少ない(=当たり外れが大きい)のが特徴です。

今年は4日夜から5日未明にかけてピークを迎え、1時間に最大15個の流れ星が出現すると予想されています。(参考:観測条件が特に揃った2015年12月のふたご座流星群は、1時間に最大40個以上が観測可能でした。)

最もピークを迎える4日17時ごろは満月の光で見えづらく、24時以降に月の光が目に入らない方角を見上げるのがコツです。

動画で過去の様子(2014年1月4日に撮影されたもの)を見ると、こんな感じ。

23秒や33秒、37秒辺りに「ヒュ~ン」と流れ星が光っているのが分かりますか?50秒ぐらいからは見ごたえがあります。

寝屋川市では4日の18時ごろから雲が出始めるため、うまい具合に運も味方につける必要があるかもしれません。

それでも、実際に流れ星を見ることができれば嬉しいですね。

関心のある方は、星空を見上げてみてはいかがでしょうか。

【関連項目】天体観測に関する記事
・皆既月食(2014年10月 / 2015年4月) 
・ふたご座流星群(2014年2015年)