寝屋川市の広報にリニューアル案、5月からA4サイズの冊子が月1回に変わりそう

寝屋川市役所が月2回発行している「広報ねやがわ」に、大規模リニューアルの計画が持ち上がっていることが分かりました。

P1560629

「広報ねやがわ」は現在、タブロイド版(新聞紙の半分)のサイズのものが月2回(毎月1日と15日)発行されていますが、5月号から紙面の大きさや発行回数などを変更する検討がなされています。

この情報は、とある市議会議員さんのサイトで触れられていました。

LINK:山さんのホームページ平成28年1月号
山さんのホームページ

それによると、リニューアル後の「広報ねやがわ」は、A4サイズの冊子を月1回発行することになるそうです。また、配布方法も業者が各家庭に直接配達する方法へと変わる(現在は自治会経由)予定です。

実際にA4サイズの冊子タイプに変更されると、こんな感じになるのだと思います。(写真はねやがわのミカタというガイドブック)
P1560646

メリットとしては、半分のサイズで手に取りやすい、保管しやすくなる(それは筆者だけか。笑)ということが挙げられますね。
P1560636

印刷コストは現在1部あたり8円程度かかっていますが、リニューアル後どうなるかはページ数次第といったところでしょうか。

発行回数や紙面サイズの変更に伴い、記事の内容も大幅にリニューアルされることが考えられます。リニューアルが公式発表されれば、その中身も分かってくるのではないかと思います。

新しい「広報ねやがわ」が発行されれば、またお伝えしたいと思います!

【関連記事】
子供の医療費助成が18歳まで拡充、府内初(2015年8月) 

※「-」さん、情報提供ありがとうございました!