京阪の旧3000系オリジナルTシャツが発売、重ねるとつながるデザインがカワイイ

京阪電車の先代特急型車両「旧3000系」をデザインしたTシャツが、京阪と石川県の会社によるコラボ企画で発売されたことが分かりました。

旧3000系Tシャツ
※画像:OJICO提供

このTシャツシリーズは、京阪とチャンネルアッシュ(石川県金沢市)が昨年に第1弾となる京阪電車1900系バージョンをリリースして完売になったもので、それに続く第2弾が旧3000系バージョンとして発売されました。

旧3000系(テレビカー)といえば、2013年に最後の1編成が引退して寝屋川車両基地からくずはモール(枚方市)や富山地方鉄道に移送されたことでお馴染みですが、今も移送先で人気がある車両です。
P1080682
※くずはモールで撮影

発売されたTシャツは、そんな旧3000系をデザインし、背中のテレビからお腹に向かって車両が飛び出している絵(鳩のヘッドマークもビックリ!)が特徴です。サイズが変わっても絵のデザインの大きさが全て同じなので、どんなサイズのTシャツとも絵をつなげることができ、日本製の生地にもこだわりがあるそうです。

阪急電車バージョンも発売されており、お揃いで着ると楽しいのだとか。

このTシャツは京阪とコラボした石川県の会社(チャンネルアッシュ、サイト名はOJICO)によるもので、百貨店で催事販売を行っていくのこと。

・5月25日~(高島屋洛西店)
・6月1日~(高島屋京都店)
・7月21日~(大丸京都店)

京阪電車の車両といえば、寝屋川車両基地が本籍というイメージがあります?が、色々なグッズが発売されていて面白いですね。

【関連記事】旧3000系に関する記事
くずはモールへの移送富山地方鉄道への移送(2013年6~7月)