寝屋川市の会社が空気清浄機を医療機器として登録

寝屋川市にある医療機器を扱う会社が日本で初めて空気清浄機を医療機器として登録することに成功し、販売を開始しています。

P3170451

ソルトジェネレーター式空気清浄機

この空気清浄機は花粉や風邪による鼻炎、ぜんそくなどの症状緩和だけでなく、空気中の細菌やウイルスにも効果があるそうです。

放出されるのは天然のドライソルトだけ(化学薬品を使っていない)なので、お子さんにも安心して使うことができるのが特徴となっています。

今回はそんな商品を扱う「合同会社IMジャパン」代表の竹下さんにお話を伺いました。

– 本日は宜しくお願いいたします。

竹下さん:宜しくお願いいたします。

– さっそくですが、自己紹介をお願いいたします。

竹下さん:寝屋川市の高柳に事務所を置いて活動しております竹下と申します。今日は取材していただければと思います。

– 合同会社IMジャパンとは、どのような会社でしょうか?

医療機器の製造・販売業のライセンスを取得し、主に海外初の特徴ある医療機器をお客様にお届けしています。今回ご紹介させていただく空気清浄機も海外製で、オーストラリアの「haloplus」という会社が製造しているもので、当社が国内での実地販売を請け負っています。

– 商社のようなものをイメージしているのですが、合ってますでしょうか?

竹下さん:仕入れて販売しているのはその通りなのですが、当社は医療機器の製造販売業というライセンスを持ち、医療機器の登録者として責任を持ってこの空気清浄機を販売しているのが特徴です。医療機器の製造販売業者として登録している会社は、寝屋川市内には数社しかないと認識しています。

– 「ソルトジェネレーター式空気清浄機」について詳しく教えてください。

誕生秘話は1843年にポーランドの医師が岩塩鉱山で働くぜんそく患者が作業中だけ発作が出ないことを不思議に思い、塩分を含んだ空気を吸う効果に着目したのがきっかけです。

その後ぜんそく症状の改善にソルトジェネレータが有効と証明され、その原理を活用した空気清浄機が開発されました。

– 本物の塩が出るのですか?

はい。それがこちらの空気清浄機です。37畳まで対応した「プラス」と、ミニチュア版の「ミニ」(写真左、10畳まで対応)の2種類があります。
P3170444

医療機器ではない家電メーカーの空気清浄機と、その性能の差を比べてみたいと思います。
P3170436

大手メーカーの空気清浄機のように加湿機能や消臭機能はついていませんが、鼻炎、副鼻炎、ぜんそくの症状緩和や、細菌・ウイルスの除去(基礎研究で実証済み。メーカーにてデータを取得中)に効果があるのが特徴です。

正面のカバーを外してみますね。こちらが塩の詰まった「G4フィルター」(特許取得済み)です。
P3170433

このフィルターは花粉、カビ胞子やほこりを含む汚染物質を98%キャッチし、浄化された空気とともに100%自然なナノソルト(超微細な塩の粒子)を部屋に放出する効果があります。

フィルターの向こう側には、ファンがついています。裏側のツマミを回せば、部屋の広さに合わせて風量を調節できます。(ファンの速度調整機能は「プラス」のみ)
P3170431

就寝時にお使いいただくことにより、症状が緩和されてゆっくりとお休みいただけ効果を実感できます。

Webでも購入できます(ミニ:29,800円、プラス:44,000円。税別、送料込み)が、当社から直接購入されると特別価格(2000円引き。ミニ:27,800円、プラス:42,000円)が適用されますので、ご検討いただければと思います。マチコロ寝屋川さんには大変お世話になっておりますので、この記事を見てご連絡を頂いた方には、先着5名様まで更に3000円引き(合計5000円引き)でご案内させていただきます。(詳しくはこちらのリンクをご覧ください。)

寝屋川市にも寄付を2台寄付する方向で打診しておりまして、寝屋川市にも貢献出来たらと思っています。

– 今日はありがとうございました。

竹下さん:ありがとうございました!


【関連記事】
新型コロナウイルス関連の記事
寝屋川市が市内の医療機関にマスクを無償提供(2020年2月)
寝屋川ハーフマラソンの開催中止が決定(2020年2月)
寝屋川市が休校に伴い自主登校園を設置(2020年3月)