麻木久仁子さんが寝屋川市のコロナ対応を称賛してる。市長のツイートに「寝屋川、がんばってます!」とコメント

タレントの麻木久仁子さんが寝屋川市の新型コロナウイルス感染症に関する施策について、称賛するようなツイートをしています。


※資料写真(寝屋川市役所)

麻木久仁子さん(Wikipedia)はキャスターや司会者、コメンテーターとしても活躍するマルチタレントで、クイズ番組に多く出演するなどインテリのイメージを持たれているようです。

そんな麻木さんが寝屋川市の施策についてツイートしたのは1月25日(月)のことで、ツイート内容は以下の通りです。

寝屋川、がんばってます! https://t.co/EYw3vPF7w5
— 麻木久仁子 (@kunikoasagi) January 25, 2021



広瀬慶輔市長のツイートに対して「寝屋川、がんばってます!」という一言を添えているのが分かります。

元ネタに当たる広瀬市長のツイートというのは和光小学校の児童の「関係者」の新規感染が確認されたというものです。
(お知らせ)
◼️遅い連絡になり申し訳ありません。

🌕さきほど、和光小学校の児童の関係者の感染が確認されました。

🌕これを受け当該児童が濃厚接触者としてPCR検査を受けることとなり、検査結果が判明するまでの間、在籍クラスは学級休業となります。留守家庭児童会の利用はありません。

続く
— 広瀬けいすけ 寝屋川市長 (@hirosekeisuke_) January 24, 2021


続き

▶️陰性が確認されれば即時再開されます。※当該児童は2週間の自宅待機。

▶️陽性が確認されれば「当該クラス全員のPCR検査」を行い、当該クラスは2週間の学級休業・自宅待機となります。

🔵自宅待機中は、学校からの授業のライブ配信を行います。

🔵朝昼晩3食の配食サービスを行います。
— 広瀬けいすけ 寝屋川市長 (@hirosekeisuke_) January 24, 2021



当該児童の検査結果が判明するまで学級休業することや、陰性or陽性が確認された場合の対応策について具体的に書かれており、麻木さんは称賛するような気持ちを持ったようです。

東京生まれ・育ちの麻木さんに寝屋川市との接点はないと考えられることから、たまたま寝屋川市の施策を見かけた可能性が高そうです。

広瀬市長のTwitterのフォロワー数(約1.4万人)は地方自治体の市長として多い水準ですが、麻木さんのフォロワー数は更に多い(約10.1万人)ですし、ツイートが多くの人の目に触れたのは間違いなさそうです。

【関連記事】新型コロナウイルス関連の記事
・10万円の給付金(受付開始申請書の発送二重給付
・緊急支援パッケージ(第1弾第2弾
デリバリー型PCR検査を開始(2021年1月)