心肺停止状態の人に救命手当をした男性が枚方消防署長から感謝状を贈呈されてる。心臓マッサージを15分間継続

7月に枚方市内で心肺停止状態の傷病者に迅速な救命手当を行い、尊い命が救われたとして、通行人の男性に枚方消防署長から感謝状が贈呈されました。

感謝状が贈呈されたのは、吹田市在住の介護福祉士・文野一輝さん(31歳)。枚方寝屋川消防組合の発表によると、文野さんは7月10日(土)15時20分頃、天の川水防橋(枚方市磯島)北側付近を自転車で通りがかった際に、男性(54歳)が自転車に足が絡まった状態で倒れているのを発見。

すぐに、その場にいた男性の妻(119番通報者)に声をかけ、絡まった自転車から足を取り出しましたが、傷病者の呼吸が弱く、しばらくすると呼吸がなくなったため、すぐさま胸骨圧迫(心臓マッサージ)を開始しました。

文野さんは体力を消耗しながら消防に引き継ぐまで約15分間、1人で胸骨圧迫(心臓マッサージ)を継続しました。

倒れていた男性は救急車で病院に搬送され、入院治療により順調に回復、7月31日に退院し、社会復帰を果たしたということです。

この功績に対して、9月14日(火)に枚方消防署で感謝状の贈呈式が行われました。

贈呈式の会場には、多くの消防署員が集まりました。

贈呈式が始まると感謝状が読み上げられ、文野さんに贈呈されました。

贈呈後も枚方消防署長から感謝の意が伝えられました。

文野さんは贈呈式後のインタビューで、以下のようにコメントしています。

・京都からの帰りに枚方市のサイクリングロードを通りかかったところ、たまたま居合わせました。
・気がついたら救命手当をしていました。
・介護福祉士をしているので、救命講習の受講内容が活かせたのではないかと思います。
・その後傷病者の方にお会いする機会があったのですが、助かって良かったです。

【関連記事】