寝屋川市で9/15(水)に観測された国際宇宙ステーション。給水塔や月との共演も

宇宙飛行士の星出彰彦さんらが滞在する国際宇宙ステーションが9月15日(水)19時ごろ日本付近の上空を通過しました。

今回の写真は読者の方からいただいたご投稿です。

〈ポポンタさんの投稿文〉
今晩はISS「きぼう」を見ることができました。
半月(には写真では見えませんが半月)の左上方の輝点が「きぼう」です。
キレイな半月との共演でした。

日本の実験棟「きぼう」を連結した国際宇宙ステーションは19時11分(那覇)〜16分(札幌)にかけて太平洋上を通過し、日本各地で観測が可能だったようです。

<これまでに記事化した国際宇宙ステーションの記事>
2021年3月19日
2021年4月25日
2021年8月5日

ウェザーニュースによると、国際宇宙ステーションは−2等星ほどの明るさ(1等星の基準の約15倍)があり、街中でも肉眼で観察することが可能なのだとか。昨日は雨でしたが、今日になってから観測するのに必要な天気に恵まれたのが良かったです。

半月や給水塔と一緒に写っているのも、寝屋川らしさが出ているのではないでしょうか。

ポポンタさん、写真のご投稿ありがとうございました!

〜9月16日追記〜

国際宇宙ステーションの写真を他にもいただきました。

<ネヤゲンさんの投稿文>
国際宇宙船9/15 観測
出現時刻 19:14から19:18
西南の空から月、土星、木星の上方を通過し東の空に消えていきました。写真は月の上に来た時から1分間露出し光跡を写したものです。(スマホで撮影)
今週は連日、日没後に日本付近の上空を通過するので観測の好機です。
詳しい出現時刻、方角は【大阪市立科学館学芸員 江崎航】さんのホームページがお薦めです。

ネヤゲンさん、ご投稿ありがとうございました!

【関連記事】天体観測に関する記事